JIJICO

森 ゆきさん

キャリアコンサルタント・講師

学童クラブ4年生以上の待機児童増加 一人っ子の増加などが背景に

2017年2月6日

学童保育の待機児童数、4年生以上で増加傾向

学童保育の待機児童数が増加しています。
特に4~6年生の待機児童数の増加が大きく、保育所に続く「第2の待機児童問題」として注目されています。
今なぜ小学校高学年の待機児童数が増加しているのでしょうか。

厚生労働省は1月、学童クラブ(正式名称:放課後児童クラブ)の状況を同省Webサイトで発表しました。
それによれば、学童クラブの待機児童数は全国で17,203人と過去最多となっています。
学年別の内訳をみると、1~3年生9,957人(前年比743人減)、4~6年生7,246人(前年比1,013人増)となっており、高学年の待機児童数が増加しています。
この理由を3点挙げて解説いたします。

高学年の待機児童増、制度上の2つの理由

高学年の待機児童数増加の理由の1点目は、制度の変更によって学童クラブの対象者が変わったことが挙げられます。
平成27年4月に施行された「子ども・子育て支援新制度」により、それまで対象が「おおむね10歳未満」(3年生)とされていたのが全学年に拡大されました。
4年生以降も学童クラブを利用したいとの保護者からの要望は以前からありましたが、対象者となったことで、その要望の数が表面化したのです。

理由の2点目は、学童クラブの入園審査基準の特徴にあります。
学童クラブの入園審査は、毎年度、児童ごとに新規におこなわれ、低学年から優先的に入園をさせる自治体が多いのです。
その結果、学童クラブでは、上の学年になるほど審査に通りにくくなります。
全国で最も待機児童数の多い東京都では、1,2年生だけでほぼ満員になってしまい、3年生ですら学童クラブに入れない地域もあります。
当然、4年生以上は、特別な事情のある児童以外、入園は難しいという状況になっています。

共働き家庭の「一人っ子の増加」も一因

高学年の待機児童数増加の理由の3点目として、共働き家庭の「一人っ子の増加」による学童クラブ残留希望者の増加を挙げたいと思います。
例えば子どもが複数いる家庭の場合、上の子が4年生になる頃はまだ、親が下の子のための時短勤務で17時頃に帰宅できるような家庭は多くあります。
学校が終わるのが15時30分ころなので、上の子が放課後に一人で過ごすのは2時間程度。
友達と遊んだり習い事に行ったりしていればすぐに経ってしまいます。
そして末の子が4年生になった時はどうかというと、親の帰りが遅くなっても兄や姉がいます。
一人ではないので寂しくありませんし、親も上の子と一緒なら安心というわけです。
このように、子どもが2人以上いる家庭では、高学年になってからの学童クラブは必要でない場合が多いのです。

しかし、一人っ子の家庭はそうはいきません。
親がフルタイム勤務なら、残業をしなくても帰りは19時頃になります。
4年生の子どもが毎日19時まで一人で留守番をすると思うと、切ない気持ちになる親は多いでしょう。
防犯上の心配もあります。
学童クラブで、友達や職員の大人たちと一緒に過ごしていたほうが安心と考えるのは、当然でしょう。

子どもが4年生に進級したとたんに預け先が無くなってしまい、早い時間に帰宅することが難しい親が仕事を辞めざるをえない家庭が少なくありません。
まさに「第2の待機児童問題」です。
子ども達の安全を確保し、保護者が安心して仕事を続けていかれるよう、自治体には、保育園だけでなく学童クラブの増設にも力を入れていってほしいと思います。
そして企業には、子どもを持つ社員に対して多様な働き方ができるように工夫をしてほしいのです。
時短勤務が必要な時期は、子どもが赤ん坊の時だけではありません。
社員が必要な時期に自分の働き方を柔軟に選択できるような環境整備をお願いしたいと思います。

このコラムを書いた専門家に質問できます

森 ゆきさん
キャリアコンサルタント・講師

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ