JIJICO

金子 清隆さん

ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

偽ニュースに対する自己防衛

2017年2月7日

偽ニュースが政治を左右する時代

919d1604801bd41dec71a060cc53bed3_m昨年実施された米大統領選におけるトランプ氏の勝因について様々な意見がありますが、ネット上で拡散した偽ニュースもその一つの要因とされています。
今回の大統領選が非常に僅差だったこともあり、偽ニュースが選挙結果を左右したという意見もあります。
また、国内でもWELQなど様々なキュレーションサイトで盗用された記事や根拠不明で信頼性に欠く記事を次々と作成して掲載し続けた結果、サイトの閉鎖に追い込まれました。
昨今の偽ニュースの特徴は、GoogleやYahooなどの検索結果で上位に表示され、FacebookやTwitterなどのSNSで急速に拡散されることです。

ネット収入のための偽ニュース

事実と異なる内容がニュースとなることは以前からありました。
古くは、特殊な政治形態等に基づくプロパガンダ的な報道があります。
端的に言えば「大本営発表」の様なものです。
つまり、自国の状況に問題を良く見せるために事実を歪め、捏造したニュースです。
デマ情報も偽ニュースの一つです。
インターネットが普及して個人がブログやSNSで情報発信できるようになると、デマ情報も無視できない存在となったことは福島原発事故や熊本地震などの状況を見れば解ると思います。

しかし、昨今の偽ニュースは政治的なプロパガンダや、愉快犯的なデマ情報とは異なる特徴があります。
それは、経済的な理由で行われていることです。
つまり、偽ニュースを発信し、掲載することでWebサイトのページビューを稼ぎ、その結果当該Webサイトにおける広告収入やアフィリエイト収入を獲得することが目的なのです。
とにかくセンセーショナルな見出しを掲げ、検索エンジン最適化(SEO)手法を適用して文字数を増やし、検索頻度の高いキーワードをちりばめた記事をひたすら作成し続けます。
記事内容の正確性は関係ありません。
必要なのはGoogleなどの検索エンジンの評価を上げることです。
そのため、誰もが目にする場所に注目されるタイトルの偽ニュースが頻繁に表れるのです。

偽ニュースが信じられる理由

偽ニュースは何故信じられるのでしょうか。
それは偽ニュースが全くの虚偽ではないからです。
偽ニュースはページビューを稼ぐSEO対策が行われているため、実際に流行しているキーワードや話題が多数含まれています。
しかし、それらをつなげると事実と異なる、時には相反する内容となります。
こうした偽ニュースが「こういうニュースが読みたい」という心情の読者に受け入れられてSNSで拡散されてしまうことで、より多くの人々に事実と認識されてしまいます。以前は当事者や有識者が事実確認の結果を公表すれば鎮静化できましたが、昨今のSNSの拡散速度はその余裕を与えてくれません。
逆に偽ニュースが拡散した後での事実確認は、偽ニュースの信頼性を高める効果もあるようです。

疑わしいニュースには「裏を取る」

それでは、こうした偽ニュースに惑わされないためにはどうすればいいでしょうか。
偽ニュースを拡散させたと批判されている米Facebookは、怪しいニュースに対するレポート機能を追加する等の対策を検討しています。
しかし、行き過ぎた対策は検閲にもなりかねないため、注意が必要です。
私たちにできることは自らが検証を行うことです。
内容にもよりますが、疑わしい記事には別の情報ソースを使って相違ないか確認することが重要です。
検証と言っても、キーワードをネットで検索し、対象ニュースと関連性の無いサイトなどを確認する程度で十分です。
最近、報道やビジネス活動で「裏を取る」ことがおろそかになっているように感じます。こうした活動を習慣化することで「裏を取る」癖がつき、さらに自分の視野が広がる効果があると考えます。

専門家に相談してみよう!

金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ