JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

増え続ける親族間の暴力 その実態と解決に向けて

2017年2月8日

増え続ける親族間の暴行事件や殺人事件

親族間における、痛ましい事件がここ最近増加をしています。
警察庁の統計によると、2016年における親族間暴行事件は6148件。
ここ10年で3.8倍の統計となっています。
また、殺人事件に目をむけると国内の殺人事件の内、親族間の殺人の割合は53%にものぼっています。
このような痛ましい事件から、どのようなことが考えられるでしょうか。

親族間暴力の実態について

1つはDVや虐待といった社会問題が親族間暴力の増加に結びついているということです。
DVや虐待は、未だ出口が見えてこないのが社会問題です。
そこに至るまでの事前予防や早期対応の取り組みが不十分な現状では、おのずと親族間暴力へとつながることは、想定されうることです。

2つ目は、親族間暴力は、今になって増え始めたのかという疑問です。
例えば児童虐待については統計を取り始めた平成2年以降、増加を続けているという現実がありますが、一方では平成2年頃の虐待は表面化されていなかっただけで、今も昔も変わらないという見解もあります。
この視点を親族間暴力であてはめた場合はどうでしょうか。
家庭内暴力も単に表面化されていなかっただけで、実は以前から顕在していたものではないでしょうか。
賛否は別として、家庭の中で親が子どもに手をあげたり、夫(妻)が配偶者に手をあげるという事は、昔から存在することで、その中には躾や夫婦喧嘩の域を越えた痛ましいものがありました。
こういった家庭内問題に警察が介入することは、以前は稀でした。
しかし、子どもや配偶者への人権が叫ばれるようになり、警察もこういった問題に目を光らせことが増え、結果として表面化してきたのではないでしょうか。

身内内での憎悪は他人に対してよりも激しくなりやすい

家族というのは自分にとって最も身近な存在です。
自分のことを受け入れてもらえるという安心感がある一方、受け入れてもらえない時やわかってもらえない時の傷つきや憎しみは他人以上のものでもあります。
この負のエネルギーがマックスに到達した時、怒りの矛先が家族に向かい、結果としてお互いに傷ついてしまうことになってしまうのです。
そういった意味で、自分が家族を傷つけてしまいそうになったり、傷つけられそうになったら、適度な距離(一緒に過ごす時間を減らす。干渉をしない等)をとることも場合によっては必要です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

中原 崇さん
社会福祉士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年6月8日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?
美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ