JIJICO

松尾 賢さん

ダイエットカウンセラー

しっかり食べているのに栄養失調?新型栄養失調とは?

2017年2月9日

解決!アスクミー JIJICO

日本人の食品添加物摂取量は世界トップクラス

本日は、一人暮らしの食生活についてお話しさせていただきたいと思います。あまりご存知ないかもしれませんが、日本人が一年間に摂取している食品添加物はどれ位なのかご存知ですか?おそらく皆さんが考えているよりも多いかもしれません。

実は世界でもトップクラスの摂取量で年間に1人あたりの平均摂取量はなんと4kgもあります。1ヶ月にしたら約333g、1日にすると約11gです。想像がしにくいかもしれませんが、添加物だけと考えるととてつもない量です。

新型栄養失調とは?

これを毎日知らずに摂っていると思うとびっくりしてしまうと思います。ただ今日私が一番お伝えしたいのは添加物の事ではないです。

新型栄養失調と言う言葉はご存知でしょうか?それはカロリーなどの栄養素、糖質、脂質などを中心とした栄養素は太るほど摂れるのに、身体の調子を整えていくミネラル、ビタミンなどの栄養素が不足してしまっている事を指した言葉です。つまりきちんと食べているのにもかかわらずに栄養不足になってしまっているのが、とても問題なのです。

厚労相などでは、実は食品添加物などの害は科学的にその害が証明するには不十分とする見解を重視しています。ですので、その毒性や危険性があまり認められずにいる現実があります。
しかし新型栄養失調などの栄養素の不足に関してはすぐに病気になる危険性があるとあっさりと認めています。つまり国も認めるほど栄養失調は危険性が高い事が分かっている事なのです。ですから、一人暮らしの食生活で一番気をつけたいこととして、「新型栄養失調」にならないようにする事がとても大切だと思います。

新型栄養失調にならないためには?

では具体的にはなにをすれば良いのでしょうか?答えは簡単です。野菜の形をしている野菜を買い、魚の形をしている魚を買い、肉の形をしている肉を買い、ゆで汁などを茹でこぼさずにご自分で調理をする事で全て解決します。

コンビニやスーパー、デパ地下などで売られているお惣菜や冷凍食品、カット野菜、お弁当などを食べても、必要とされる栄養素を摂取できるのではとお考えかもしれませんが、そうではありません。それらは通常、工場で大量生産されています。その際、食中毒や変色なども防ぎ、流通や安全性を高める為に工場で煮て、ゆで汁を捨て、添加物入りの水にさらしています。その結果、野菜やお肉などに含まれているミネラルやビタミンなどの微量栄養素をほとんど洗い流してしまっています。この事が問題で、野菜や魚の見た目で彩りも鮮やかなのに栄養素が抜けてしまっているカスカスの食品になってしまっているのが問題なのです。

これを解決するにはお話ししたように手作りするのが一番なのですが、なかなか1人だと難しいのが現実だと思います。そこで今日はだれでも出来るミネラル、ビタミンなどの栄養素をなるべく逃さないようにするちょっとしたコツを少しお話し致します。

それは例えば、牛丼屋さんに行ったらつゆだくを食べるようにする事!多くのチェーン店では経費を削減する為に必ず牛丼の具材になる牛肉や玉ねぎを各店舗で煮込んで作るので、そのつゆの中にミネラルなどの栄養素がたっぷり含まれているので、牛丼屋さんにいったら肉抜きのつゆかけご飯に卵と豆腐が食べられたら満点だと思います(笑)

ちなみにサラダは工場で軽く煮てよーく洗われているので繊維はありますが、大切な栄養素は失われてしまっているのでオススメはできません。同じお金をかけるならトッピングには卵と豆腐の方が断然良いです。

しっかりとした朝食で必要な栄養素の大半は摂取できる

また、朝食を作る事、メニューはご飯とお味噌汁が良いです。まずはミートボール位のおにぎりを作って冷凍しておいてチンしても良いので、とにかくご自分で作る事をしてあげる事、お味噌汁を作るときに大切なのは出汁をちゃんととって、お味噌はきちんとしたものを使う事!

ご存知でしょうか?
コンビニのおにぎりは裏の原材料表示をみていただくとわかりますが、本来はいらないはずのカタカナ表記のものがたくさん入っていますし、機械で作るのでご飯と機械がくっつかないように油も入ってしまいます。

お味噌汁にもポイントがあります!お味噌は本来原材料に大豆、麹、塩あとは米や麦などしか必要ないのでカタカナ表記のあるものは避ける事、また麹が生きているものは発酵が進んでしまうと密封してあれば爆発してしまうので、パッケージに呼吸をする為の工夫があるものを選ぶ事が大切です。きちんと麹や菌が生きているものは穴が空いていたり、特殊な呼吸が出来るフィルムなどを使ったパッケージになっています。

もしそれができなくても、とにかくご自分で朝食だけでも手作りするのが良いと思います。あまり知られていませんが、ご自分で炊いたご飯と味噌汁を朝に食べると1日に必要な栄養素の90%が摂れると言われています。

忙しい現代人の生活で朝食だけでもきちんと食べる習慣を作ってあげるのはとても大切だと思います。昼食や夕食がどうしても外食になってしまうようなら、仕込みからお店で全て作っているような昔ながらのお店をなるべく選ぶようにして欲しいです。コンビニ、デパ地下、冷凍食品などの見た目が綺麗で健康的に見えるような、色鮮やかな野菜やおかずは栄養素が抜けてしまっているものがとても多いので注意が必要です。

ご参考にしていただければ嬉しいです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

松尾 賢さん
ダイエットカウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「こころとからだのケア」のその他の記事

2019年9月21日 澤地由香里さん
インテリアフラワーデザイナー
医療施設や老人ホームに癒しをもたらすアートフラワーの魅力
医療施設や老人ホームのお見舞いに生花ではなくアートフラワーを利用するケースが増えています。水やりやお手入れが不要なだけでなく生花にはない魅力をもったアートフラワーについて解説します。
2019年7月27日 田久朋寛さん
大道芸人/高齢者介護レクリエーション講師
注目が集まる笑いと健康の関係 日常生活で笑いを増やすには
笑いと健康の関係が注目されています。免疫を活性化し、ストレスを減らし、人間関係を豊かにするなど、笑いには様々な効能があります。本記事ではこれらの効能を詳しく解説し、日常生活で笑いを増やす方法も紹介します。
2019年6月23日 村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士
うつ病を発症し退職からのひきこもり、どのように回避すれば良いか?
「うつ病発症➝退職➝ひきこもり」の流れを回避するポイントは、「自分で抱え込まず、援助を求める」こと。うまく援助を求めるのも一種のスキルと捉え、社会資源を可能な限り利用することが大事。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ