JIJICO

熊谷 修平さん

塾長

受験直前の心構え 本番でいかんなく実力を発揮するには?

2017年2月10日

合格する受験生に共通すること

bcad1168931b98795e21d9c536940f83_m毎年、合格する生徒を見ていて共通する1つの事があります。
それは、本番の時に「自分を信じている事」。
「自分は、絶対に出来るはずだ。」そう思えることが実力を発揮する原動力になります。
この事は、すでにいろいろな場面で言われている事でもあるのですが、でも、これが実際にわかっていても単に「自分を信じろ」と言われてすぐに出来ないのも現実だと思います。
では、なぜ「自分を信じる事」が出来ないのでしょうか?

「信じる事が出来る自分」になれるまで頑張る事が大切

実は理由は簡単です。
「自分を信じる事が出来る」のは、その前提として必ず「信じることが出来る自分をきちんと作ってきたから」という大切な点があるからです。
では、信じる事が出来る自分を作るというのは、どういう自分を作る事でしょうか?

例えば、「約束を破り続ける友人」は、次第に誰からも信じられなくなりますね。
「約束しても、どうせまた破るから」と。
同じように、やっぱり自分が「こうしよう」と思った時、それを破り続ける自分だったとしたらどうでしょうか?
やっぱり次第に自分を信じる事が出来なくなります。
また、辛い時や苦しい時に逃げてしまう自分はどうでしょう?
これもやっぱり辛くなると逃げてしまうから、と信じることが出来なくなっていきます。
つまり、「信じることができる自分」というのは、辛い状況や苦しい事があっても自分を誤魔化さず、甘やかさず、しっかりと頑張ることが出来る自分があり、その積み重ねがあってはじめて出来ていくものなのです。

「あとあと振り返ってみても、自分は同じ事をやると思う。」「やれるべきことは、全部やってきた。」積み重ねの中でそう思えて初めて、「信じることのできる自分」は出来てきます。
本番までに少しでも自分を「信じることができる自分」にしていく事。
これは、最後の最後まで続けていくことであり、また、遅すぎるという事は絶対にありません。
是非、取り組んでみてください。

不安や焦りを感じていない受験生は1人もいない

さて、では本番で力を発揮できるための注意点をもう一つあげておきたいと思います。
それは、「気持ちのコントロール」について。
試験直前であれば、誰もが不安・焦り・後悔など、なかなか集中することが難しくなるのは同じです。

でも、ちょっと考えてみてください。
なぜ、人は不安になったり、焦ったりするのでしょうか?
答えは「人には未来が見えないから」です。
「未来がどうなるか?」わからないから不安になる。
分かっていればなることはありません。
何を言いたいか?というと、誰もが未来をわからない以上は不安や焦りを持っていない受験生もまた誰1人いないという事です。
そして、みんな同じ条件なら少しは気持ちが楽になります。
不安や焦りを感じず余裕で受ける事が出来る人なんて誰1人いないのです。

そして、不安や焦りを感じるのであれば、それよりも自分にはやれることがありますよね。
「合格するために、自分がやるべき事を特定し、少しでもそれを最後の最後まで続けていく事。」
受験では「万全の状態」で受ける人なんていません。
誰もが不完全だと思う中で受けるのが普通です。
大切なのは、最後の最後まで戦い続ける事。
そしてその事が「信じることができる自分」を作ることにつながり、不安や焦りを克服し、同時に合格するための実力をつけていくことにもなります。
自分を信じ、最後の最後まで走り続けること。
「絶対に合格する」
そういう強い気持ちを持ち、合格を勝ち取ろう。
GOOD LUCK!!

このコラムを書いた専門家に質問できます

熊谷 修平さん
塾長

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ