JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

トランプ氏 三権分立を軽視? 改めて考えたい三権分立

2017年2月12日

三権分立とは?

           
自ら署名した大統領令の効力を裁判所が停止したことを受けて,トランプ大統領が,判断した裁判官個人のみならず司法制度への不満を顕わにしているため,三権分立を軽視しているとの批判が出ています。
そこで,三権分立について解説してみます。

国家の作用は,法律を定める立法権,法律を執行する行政権,法律を正しく解釈・適用することによって紛争を解決する司法権の3つがあります。
これを1つの国家機関に集中させることなく別々の機関に持たせることにより,権力の濫用や恣意的行使を防止することを目的とした原則のことを三権分立(権力分立)の原則といいます。

三権分立によって権力の濫用や恣意的行使を防止

なぜ,権力の濫用や恣意的行使を防止する必要があるのかというと,人間は,生まれながらにして自由(人権)を享有できる主体であるにもかかわらず,国家権力(具体的には独裁者の専制政治)によってこれを奪われ,侵害されてきた歴史的背景があるからです。
近代市民革命は,人間が国家権力によって侵害されてきた本来の自由を取り戻すために起こった出来事であり,三権分立の原則は,このような歴史の中で国家権力が暴走して人間の自由が再び侵害されることがないように創り上げてきた崇高な仕組みなのです。
国家が存在して人間があるのではなく,人間が存在して国家があるのです。
人間が生まれながらにして享有できる自由を国家権力によって再び侵害されないように最高法規となる憲法が定められ,その中に三権分立の原則が定められています。
国会が作る法律であろうと大統領令であろうと,最高法規である憲法と抵触する場合は無効となります。
大統領自身も憲法に拘束されるのですから,憲法と矛盾する大統領令を発することはできません。
大統領が,憲法と矛盾するか否かの最終判断を自ら行えるというのでは,自分が憲法だと言っているのと同じであり,憲法を定めた意味が
なくなります。

司法権の独立が必要な理由

また,三権分立の原則が依って立つ原理は,国家からの自由という自由主義です。
これに対して民主主義は,国家の主役は国民であるという原理です。
後者は,国民の多数決によって国家のルールを作るものですが,多数決で決めることは,ややもすると少数者が排除され,本来享有できるはずの自由を奪うことに繋がりかねません。
最高法規たる憲法のもとで,これにストップをかけるのが三権分立の原則であり,司法権の独立が必要となります。
このような意味で,司法権は,人間の本来の自由を守るための最後の砦ということができます。
行政権は,最終的には司法権の判断に従わなければならないのであり,司法制度そのものを批判してしまうようでは,専制政治の過ちを繰り返しかねない危険を孕んでいるといえます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年5月17日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
日本で民泊は活発になるか 観光立国への道はまだ遠い? 民泊市場の課題とは
すでに都市部の民泊は物件が増えたために価格競争に陥っているうえ、民泊新法の施行により制約が増えるため、民泊市場のこれ以上の拡大には課題が多い。
2018年5月15日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
新天皇即位で恩赦の検討 恩赦とは?今の時代に適当なのか?
恩赦があくまでも三権分立の例外である以上、恣意的な運用は避けなければなりません。また、凶悪犯に対して適用するというのでは、国民の理解が得られないでしょうから、軽微な犯罪にのみ抑制的に適用していくことが基本といえるでしょう。
2018年5月14日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
もしも料金体系不明の「ぼったくり」居酒屋に遭遇したらどうすべき?
新入社員が入社し、歓迎会が盛んです。地方にいた方が上京して、浮かれ気分でキャッチに誘われるまま「居酒屋」に入ったところ法外な値段を請求され、冷や汗をかいた…ということにならないよう注意しましょう。
2018年5月12日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
セクハラの録音データ提供は「公益通報」で保護される?正しい会社の対応は
テレ朝記者が、財務省事務次官にセクハラを受け、録音したデータを新潮社に渡していた行為に対し、野党は「公益通報」にあたり不適切ではないとの見解をしました。一方、消費者庁は保護の対象ではないという見解。実際に被害を受けたときの対応方法はどうあるべきでしょうか。

テーマ