JIJICO

宮本 章太郎さん

心理カウンセラー

最近のイジメはインターネットが深刻化を助長する?

2017年2月13日

イジメに関するニュースが増えた背景

60ef86617f4037ed902f7216ecabb982_mイジメによる傷害事件や自殺など、イジメに関するニュース報道が多くなっています。
イジメは昔からありましたし、件数もさほど変わらないように思うのですが、どうして近年になってから急に増加したように感じるのでしょうか?
イジメが増加したように感じる背景として、まずはイジメの定義やその広さが一因であるといえます。
加えて陰湿、悪質化傾向にあるのと、インターネットが発達した事による、コミュニケーションと環境の変化が挙げられます。
そしてそのインターネットによって学校外やメディアへの露出が増えた上に、事件性を帯びていて印象に残りやすいというのも大きな要因でしょう。

インターネットの普及でイジメ行為が容易に外部へ拡散

しかし昔とは違ってなぜ近年イジメが増えたように感じるのかは、私は定義の広さ(とりわけ曖昧さ)にあると思います。
イジメといっても悪口や陰口の類を始め、じゃれ合いの延長程度の暴力もありますし
昔はそういった公にならない程度のものがイジメと捉えられていました。
ところが近年になって、インターネットが普及した事も手伝い、その様子を動画で撮影したりネット上で公開するような手段が常套化すると、昔はその場(学校内)や仲間内など周囲の限られた人たちだけで済んでいたものが、公になって広く世間に知れ渡るようになり、メディアにも取り上げられるようになったのです。

イジメが発覚すれば、責任の所在は学校にありと親は学校を訴えだし、こうした一件が警察や裁判沙汰にでもなれば、こぞってメディアが取り上げるので、元々は悪ふざけ程度だったイジメが大ごと化して、世間で大きく騒がれるようになったのが要因かもしれません。

大ごとになるのを恐れ周囲に黙っていることでイジメがエスカレート

ですから何でもイジメだイジメだと大ごとのように仕立て上げてしまうと、実際はちょっとからかわれた程度でも本人は必要以上に大ごとになることを恐れてしまい、余計身動きが取れなくなって1人で悩みを抱え込んでしまう危険性があります。

イジメといっても最初に述べたように程度は様々ですから、ただのからかい程度のものにまで広く知られることを恐れて黙っていると、イジメをする側が段々エスカレートするかもしれません。
挙句の果てには、殺傷事件にまで至ってしまうこともあります。
ですから、お互いがまだイジメとまでは認識しておらず、悪ふざけ程度の抵抗できる初期の段階で、「それ止めて」と相手にキッパリ伝える事が肝心です。

とはいえイジメられている側が1人で立ち向かうのは難しいので、やはり周囲の協力や大人の助けが必要です。
本人がまだ抵抗力のある内にイジメが陰湿化するのを防いでしまえば、イジメが深刻化し殺傷事件になるような事態は避けられるのではないでしょうか。

本人にとっても黙ってされるがままにならないように、悪ふざけやからかわれているだけのイジメと暴行事件との違いをしっかり認識してもらい、最初から「止めて」と相手に伝えられる勇気を身に付けてもらう事が有効なイジメ対策に繋がるのかもしれません。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

宮本 章太郎さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ