JIJICO

松田 友和さん

医師

勘違いされている糖尿病の実態 糖尿病を予防するには?

2017年2月15日

日本における糖尿病の実態

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_m日本では、約1000万人が糖尿病であると推定されています。
さらには約1000万人以上が糖尿病予備軍であると言われており、合わせると2000万人以上にもなります。
成人の10~11人に1人は糖尿病であり、4人に1人は予備軍ということになります。誰もが他人事とは言えなくなっています。
それでは、糖尿病といえば、何を連想しますか?
間食をやめられない、ついつい食べ過ぎる、運動をしない、などのだらしない生活習慣が原因の病気ね、なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

なぜ糖尿病になるのか?

糖尿病を知るためには「血糖」を知る必要があります。
私たちの体を維持し動かしていくためには多くのエネルギーを必要とします。
糖尿病で問題となる「血糖」とは、血液中のブドウ糖のことであり、このブドウ糖が体内で非常に重要なエネルギー源なのです。
糖尿病は、この「血糖」が多くなってしまっている状態のことを言います。
通常は、食事によって体内に入ってきた栄養がブドウ糖として血液中に入ってくると、膵臓からインスリンというホルモンが出てきて、ブドウ糖はすみやかに体内に蓄えられていきます。
肥満や運動不足は、このインスリンのブドウ糖を体内に蓄える力を弱めてしまいます。だから血液中のブドウ糖が多くなり糖尿病になる、わけではありません。

ここで重要な要素が、膵臓からインスリンを出す力です。
どんなに太っても、全く運動をしなくても、インスリンを出す力が強い人は糖尿病にはなりません。
体質としてインスリンを出す力が弱い人が、血液のブドウ糖を体内に蓄えられなくなり、糖尿病になるのです。
例えば、免疫の異常などでインスリンというホルモンが出なくなる1型糖尿病は、生活習慣と全く関係ありません。
インスリンをうまく補充すれば、何かを制限されることはありません。
いわゆる生活習慣病である2型糖尿病が糖尿病の大多数を占めるわけですが、この2型糖尿病も、インスリンを出す力が弱いという体質の要素が強いということはあまり認識されていません。
食生活が急激に欧米化し、交通網の発達の恩恵に預かり運動しなくなった私たち日本人の平均的な暮らしをしている人々のうち、インスリンを出す力が弱いという体質を持っている人が糖尿病になっているのです。
残念ながら、私たちアジア人は欧米人と比べて、インスリンを出す力が弱いことが明らかになっています。
だから欧米人と同じような生活習慣になったこの50年で劇的に糖尿病人口が増えているのです。

糖尿病を予防するために

さて糖尿病は何故問題なのでしょうか。
実は、糖尿病の人は、糖尿病でない人と比べて、平均寿命が約10年短くなると言われています。
これは、血管がダメージを受けることで、様々な病気になりやすいからです。
残念ながら、体質を変化させるような治療薬は、まだ存在しません。
だから、食事に気を使ったり、積極的に身体を動かしたりする必要があるのです。
「雨だれが石を穿つ」ように、ほんの少しの意識で将来は変えられます。

身体に良いと思って、あるいは言い聞かせて、みかんを1日に5個、6個と食べていませんか。
果物には、ビタミンが豊富に含まれているなど、良い栄養素もたくさん含まれていますが、果糖と呼ばれる糖分が多量に含まれています。
青汁や野菜ジュースも、甘くて飲みやすいものは要注意です。
砂糖で味を調えています。
炭水化物の量をコントロールすることで、効率よく体重を減らすことが出来ることもわかってきています。
お米の量を1~2口分減らすだけでも変化は起こります。
食事内容が変えられない場合は、食事の順番を変えてみてはどうでしょうか。
野菜やおかずを先に食べて、お米やパンなどの主食を後回しにするだけでも、血糖を下げることができることも明らかになってきています。

糖尿病の外来をしていると糖尿病であることが周囲にわかると恥ずかしいという声をよく耳にします。
糖尿病に対する偏見が無くなれば、もっと多くの人が血糖に興味を持って健康に過ごしてもらえるのではないかと思います。

このコラムを書いた専門家に質問できます

松田 友和さん
医師

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ