JIJICO

舛田 雅彦さん

弁護士

日本における移民政策と外国人人材の活用について

2017年2月16日

トランプ大統領が移民審査を厳しくする目的

トランプ大統領が就任してから、アメリカは内向きな国になってしまったようです。
イスラム圏7か国の国民の入国規制だけでなく、移民や難民の受け入れについてもテロ対策を理由に審査を厳しくする方針を示しています。
おそらく、移民審査を厳しくする真の狙いは、安い賃金で働いて国内の労働者から職を奪う外国人の流入を少しでも減らしたいということなのではないかと思っています。(トランプ氏の支持者に受けの良い政策です。)

しかし、アメリカの発展は、海外から多くの移民を受け入れ、多様な人材が活躍の場を与えられたことによって築かれてきました。
トランプ大統領自身も移民の末裔なのですから、大統領の移民受け入れに消極的な姿勢には自己矛盾を感じるところです。

日本における移民受け入れの実態

このアメリカの例からも分かるように、移民の受け入れは、国内に多様性(ダイバーシティ)をもたらし、国の活力を高める効果があります。
加えて、我が国のように、出生率が上がらずに人口減少社会を迎えている国にとっては、産業構造を維持するうえでも、外国人人材の受け入れは喫緊の課題です。

これら外国人人材の受け入れについては「出入国管理及び難民認定法」によって在留資格が決められており、平成26年の改正で、高度の専門的な能力を有する外国人について「高度専門職」という在留資格を設け、その「1号」の在留資格によって一定期間在留することで「2号」に認定された外国人については、活動制限を大幅に緩和し在留期間が無期限の在留資格を与えるという制度が平成27年4月から施行されています。

そのほかに、外国からの投資に結びつかなくても、優秀な経営にかかわる人材を受け入れられるように、事業の経営・管理活動を行う外国人の資格を「投資・経営」から「経営・管理」に改め、専門的・技術的分野における外国人を採用したいという企業のニーズに応えるために必要な知識による区分を廃止して包括的な在留資格「技術・人文知識・国際業務」に一本化しました。

外国人大量受け入れについて真剣に考えるべき時

これらによって、若干ではありますが外国人が入ってきやすくなってはいます。
しかし、我が国にとって必要な人材は、上記のような高度な専門性を持った人たちばかりではありません。
農業や土木・建築の現場、工場などで労働力として期待される人たちにも門戸を開放していかないと、これらの業界の人手不足は解消されないでしょう。

そのため、技能実習と称して実質的に労働力として期待される人たちを受け入れ、勉学のために在留しているはずの留学生が多くの時間をアルバイトに費やしているといった現実もあります。
そのような、グレーな在留資格で仕事をする外国人については、劣悪な環境で働かされ、雇い主から搾取されているという事例も発生しています。

わが国が、外国人の入国に対して比較的厳しい制度を設けているのは、治安の問題もあるのでしょうが、自国の労働者の保護という側面もあるのだと思います。
しかし、人口減少社会が現実のものとなった今、高度な専門性を必要としない業務分野にも外国人の力を必要としているところは数多くあります。

外国人を大量に受け入れることは、我が国のアイデンティティの変容にもつながりかねないセンシティブな問題ではありますが、国としての力を維持するために、決断すべきときに来ているのではないかという気がします。

このコラムを書いた専門家に質問できます

舛田 雅彦さん
弁護士

「法律」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ