JIJICO

藤原 伸浩さん

学習教室講師/ 心理カウンセラー

子どもをネット依存にさせないためにすべきこと

2017年2月27日

ネット依存の子どもが増えている現状

「うちの子、親のスマートフォンを奪ってゲームやら動画やら、すごく長い時間やっていて困っているのですが、どうすればよいでしょうか」。
ネット社会ですから、こういったお悩みについてよく相談を受けます。
でも、この親御さんのご相談に“落とし穴”があるって気づいていますか?
今日は「うちの子、ネット依存かも?」と思ったら、どのようにすれば良いか、一緒に考えてみましょう。

長時間ネットをする子どもはイライラしがち?

さて、朝日新聞の最近の記事で、こんなことが報道されていましたね。
「インターネットに長時間ふれている子どもほど日常的にイライラし、勉強への自信がなくなる」。
近畿地方の大学研究者が、小中学生 約5700名にアンケート調査をしての分析結果です。
「ネット依存の子どもほど社会性や学力が身につきにくく、犯罪に巻き込まれる危険性も高まる。子どもが納得できるネット使用のルールを大人が関わりながらつくる必要がある」。
そんな風に書かれていました。

子どもにネットとの上手な付き合い方をどのように伝えるか

今の社会の中で、インターネットと付き合っていかなければならないのは当然の流れ。
上手に付き合っていけば、わが子が未来で生き抜く上で、とても可能性のある道具であることは確かです。
ではどのように付き合っていけば良いのか?

いや、親御さんの立場であれば、ちょっと違いますね。
どのようにわが子にネットとの上手な付き合い方を伝えていけば良いのか?
そこのところが知りたいのではないでしょうか。
ご相談いただいた親御さんに、3つの質問をしました。
「すごく長い時間ってどれくらいですか?」
「その時間、何をしているか知っていますか?」
「親御さんはどのようなことに困っていますか?」
時間は答えられたものの、お子さんがネットで何をしているか、また親御さんはどう困っているかは曖昧でした。

「なんとなく心配」では、解決の仕様がありません。
ハッキリ言ってしまえば、お子さんに関心がないということなのです。
そして、きっと世間で流される「ネット依存」の情報に触れていたり、周りの親子も同じような悩みをもっているのを知っていたりする程度。
一度、じっくりお子さんを観察してみてください。
同時に、親御さん自身が何を感じて、どう考えているのかを書き出してみてください。

学校へ行って帰ってきて、習い事があったりなどで、家で過ごす時間は限られています。
家で過ごす時間のどれくらいをネットに使い、具体的に何をしているのか。
スマホやタブレット、パソコンなどを使われて、自分はどう困っているのか。
わが子の様子を見て、親として、一番身近な大人として「おや?」と感じることはあるでしょうか。
あるのだとしたら、「私はこう感じたけれど、どう思う?」と話して聞いてみてください。

また、お子さんがネットを使うことで、親御さん自身が困っていることがあるのだとしたら、やっぱり話して聞いてみてください。
「私はこんな風に困っているんだけど、お互い気持ちよくネットと付き合うために、どのようにすれば良いと思う?」と。
頭ごなしに叱りつけて話すのではなく、落ち着いて話せる場をつくった上で、お願いします。

ネットとの付き合い方を親子で一緒に考える

お子さんは自分なりの答えをもっていますよ。
そして、その自分に関心をもってほしいと思っているものです。
だから、ちゃんと親御さん自身の考えを伝え、一緒に考えてみることをおススメします。
すると、親子が「お互いに気持ちよくネットと付き合う」ためのルールや決め事を一緒に作っていくことができます。
もちろん、ちゃんと守ることのできるものができますよ。
まずは、もう一度、わが子に関心の目を向けてみてください。

ちなみに、おとなり中国ではネット依存について、こんな診断基準が取り決められたそうです。
「学習と仕事以外の目的に、毎日のネット利用時間が平均で6時間あるいはそれ以上に達し、ネット中毒症状にあてはまる時期が3カ月、あるいはそれ以上ある」
あなたのお子さんは、いかがですか?
今こそ、親子で考え直してみるチャンスです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

藤原 伸浩さん
学習教室講師/ 心理カウンセラー

無料で相談してみる

「こころとからだのケア」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ