JIJICO

中村 有作さん

弁護士

改正道路交通法で高齢者の運転はどう変わる?

2017年2月28日

改正道路交通法で高齢者の運転はどうなる?

平成29年3月17日から改正道路交通法が施行されます。
この改正道路交通法では75歳以上の高齢者の運転に関する内容が大幅に変更となりました。

1) 臨時認知機能検査・臨時高齢者講習
改正前は3年に1度の免許証の更新のときだけ受けることとされていた認知機能検査について、一定の違反行為があれば、3年を待たずに受けることになります。
75歳以上の運転者が、一定の違反行為(信号無視、通行区分違反、一時不停止等)をした場合、新設された「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。
臨時認知機能検査の結果、認知症のおそれがあると判定された方は臨時適性検査(医師の診断)を受け、または、命令に従い、主治医等の診断書を提出しなければなりません。
医師の診断の結果、認知症と判断されたされた場合は、運転免許の取消等の対象となります。
認知機能検査の結果が悪くなっている場合には「臨時高齢者講習」(実車指導1時間、個別指導1時間、合計2時間)を受けなければなりません。

2) 臨時適性検査制度の見直し
改正前と異なり、運転免許証を更新する際、認知機能検査で認知症のおそれがあると判定された75歳以上の方は、違反の有無を問わず、医師の診断を受けることになります。
「認知症のおそれがある」と判定された場合は1)と同様の措置がとられ、認知症と判断された場合は、運転免許の取消の対象となります。

運転に代わる足についての議論が必要

このような改正が行われた背景には、高齢者の増加とともに、高齢者による事故、特に死亡事故が増加したという背景があります。
「3年に1度」から「違反したら随時」認知機能検査を受け、その結果次第では、運転免許取消等の対象となります。

これは高齢者にとってはかなり影響があると思われます。
特に、地方では、高齢者にとって自動車は生活する上で必要不可欠であり、運転免許取消等になると、買い物にも出かけられず、日々の社会生活が遅れなくなるおそれがあります。
余りにも厳しすぎるのではないかという指摘もあります。
しかし、現在、自動車を運転していて死亡事故を起こすと、自動車運転過失致傷罪により、重い処罰が科されます。
基本的には死亡事案は実刑であり、75歳を越えて、受刑生活に入るということを余儀なくされます。

高齢者の運転の危険性に配慮した今回の改正道路交通法は、ある意味仕方のないものですが、運転に代わるものも合わせて提示していかなければなりません。
この点、行政のサポート、巡回バスの充実、バス、タクシー運賃への補助等をもっと真剣に考えるべき時期にきていると思われます。

\ この記事をシェアしよう! /
関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年6月17日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
長時間のタバコ休憩で訓告処分、労働契約から考える妥当性は?
大阪府の職員がタバコを吸うため、2年間で440回の離席をしていました。府はこれを職務専念義務違反として、訓告処分にしました。本人は処分を受けた日に退職しています。この処分は妥当なのでしょうか。労働契約から考えてみましょう。
2018年6月9日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
正社員と契約社員の待遇差「不合理」判決、判断のポイントは
先日の正社員と契約社員の待遇差に関する最高裁判決は、契約社員が正社員と比較して雇止めの不安があることにより合理的な労働条件の決定が行われにくいことや、処遇に対する不満が多く指摘されていることを十分に踏まえた判断になっているのではないかと思われます。
2018年6月8日 大竹 光明さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
会社で結婚や出産を促進するのはセクハラやパワハラ?各種手当も不公平なのか
従業員の結婚・出産を支援する会社が増えています。こういった取り組みが少子化に歯止めをかけられるか注目ですが、配慮を欠くとセクハラやパワハラになるので注意が必要です。
2018年6月7日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
デスクワークで腰痛や四十肩に!労災は降りるの?必要な要件を解説
「労災」で思い浮かぶのは普通肉体労働を伴う現場での業務中の怪我ではないでしょうか。 これに対し長時間のデスクワークなどで腰痛や四十肩などが起きた場合、労災は適用されるのかについて解説をします。

テーマ