JIJICO

成澤 紀美さん

社会保険労務士

インターンシップからの新卒採用はNG?

2017年3月1日

インターシップからの新卒採用はNOとの見解

去る2月2日に開催された、「インターンシップの推進等に関する調査研究協力者会議」で、インターンシップと就職・採用活動との関係について「インターンシップで取得した学生情報を活用したいなどの企業からの要望があるが、就職・採用活動の早期化・長期化につながることは避けるべき」とされ、「現在の就職・採用活動時期を前提とした上で、インターンシップが就職・採用活動そのものとして行われることのないようにする」と明記されました。

つまり、インターンシップ自体が新卒採用の場として使われる事はNOとの意見が出されたわけです。

インターシップの意義と現状

文科省、経済産業省、厚生労働省の3省で作成した「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」によると、インターンシップの意義は、学生側からすれば、①キャリア教育・専門教育としての意義、②教育内容・方法の改善・充実、③高い職業意識の育成、④自主性・独創性のある人材の育成、であるとされています。
一方、企業側からすれば、①実践的な人材の育成、②大学等の教育への産業界等のニーズの反映、③企業等に対する理解の促進、魅力発信、とされています。

これまでは、インターンシップを活用した企業と学生間でのミスマッチ防止や、人材の確保が難しい中小企業のためにインターンシップの活用を投げかけてきたところに、インターンシップからの採用を認めるという事になれば、現実にインターンシップが就職活動の場になり、新卒採用活動の早期化や長期化につながる懸念があるとし「NO」とされたわけです。
インターンシップを大学での単位習得の場とし、就職活動の場とは切り離したものとして再定義をするという形が明示されています。

現実には、企業はインターンシップ制度を活用し、短期間での就業体験と称して、会社説明会と就業体験を併せた形のインターンシップを行っているところが多くあり、その後の新卒採用活動時にも、インターンシップを利用した学生に直接アプローチするわけではないものの、企業イメージがしやすい場になっているのは確かです。

今後のインターシップのあり方

会議では、今後の進め方として、以下4つの施策が提言されています。
①単位型インターンシップの要素を満たしたプログラムの取組内容に関して大学等から届出を受け付け、公表する制度の創設
②大学等でのインターンシップのコーディネーター専門人材を育成し配置したり、専門人材の教育力の向上に向けた支援策の検討
③各地域におけるインターンシップ協議会の充実
④大学等と企業間での統一の評価フォーマットの検討などインターンシップ実施に係る負担軽減策の検討

これらインターンシップを推進するための施策を十分に検討し、インターンシップ制度そのものが学生にも自身のスキルアップなどメリットがあり、企業にも採用につながるような仕組みになって欲しいものです。

専門家に相談してみよう!

成澤 紀美さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「経済」のその他の記事

2017年11月20日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
みずほ銀行が今後10年で1万9000人削減
ITと金融を融合したフィンテックの普及で、収益環境が厳しくなってきている金融業界。デジタル化へ一気に舵を切り、収益確保を図りたい意向です。
2017年11月19日 飯塚 和美さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
家族の絆を見直す日 家族でいられる毎日を楽しんでいますか?
11月の第3日曜日は家族の日です。様々な家族の形、家族の時間を楽しめるように思いやりや笑顔でいられる工夫、過ごし方について考えてみましょう。
2017年11月19日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
転職情報サイトの匿名の投稿者情報の開示を認めた高松地裁判決の問題
高松地裁判決は、プロバイダ責任制限法の解釈等に問題があり、控訴審で破棄されるべきでした。控訴しなかったプロバイダの判断にも疑問です。
2017年11月18日 古川 実成さん
補聴器専門店主
解決!アスクミー JIJICO
補聴器がウェアラブル端末として進化していく可能性
補聴器は技術の進歩によりインターネットなどと連携したコミュニケーションツールとしても進化しています。IoTを活用したウェアラブル端末としての未来を解説します。

テーマ