JIJICO

小田原 漂情さん

塾教師、歌人・小説家

小中学校で「聖徳太子」や「鎖国」が消える?そのワケは?

2017年3月6日

小中学校で「聖徳太子」や「鎖国」という言葉が消える?

新しい学習指導要領で、「聖徳太子」や「鎖国」という言葉が使われなくなるということが、ニュースになりました。
実際には、前者は小学校で「聖徳太子(厩戸王=うまやどのおう)」、中学校では「厩戸王(聖徳太子)」とされ、後者はいずれも「幕府の対外政策」と、示されるようです。
一万円札や五千円札で聖徳太子になじみのある年代の方は、なぜ?という驚きを強く持たれるのではないでしょうか。

ただ、こちらに関しては、私はさして大きな問題とは考えません。
聖徳太子の「実在」に疑義を唱える書籍の出版をきっかけとして、論争が起きたのは、今世紀初頭のことでした。
「厩戸王」という王族は実在したが、「聖徳太子」という名が付けられ、その事蹟が特別な業績とされたのは後世であるということが、それ自体はすでにほぼ定説となっています。
高校の日本史の教科書では、だいぶ前から「厩戸王(聖徳太子)」と書かれています。

歴史の記述が変わることは珍しくない

研究が進み新しい説が定着して、歴史の記述が変わる例としては、かつて「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」と暗記した「鎌倉時代」の始まりが、頼朝が守護・地頭を設置した1185年からとされるようになったことや、長く「足利尊氏像」として教科書に掲載されていた絵が、現在は「騎馬武者像」とされていることなどもあります。

今回報じられているように、「聖徳太子」も併記されるのなら、ある意味自然な流れではないでしょうか。
また、ある年代以上の方には、「厩戸皇子」ではないのか?という疑問もあるかと思いますが、この点は、件の人物が活躍した6世紀末から7世紀はじめ、まだ「天皇」のことを「大王」と言っており、当然「皇子」の呼称もないため「王」が相当する、ということのようです。

「鎖国」を使わないことは本当に学術的判断からなのか?

いっぽう「鎖国」の方はどうでしょうか?こちらは、もう少し注意して見ていく必要がありそうです。
「鎖国」という言葉は、ケンペルの『日本誌』を元オランダ通詞の志筑忠雄が翻訳する際「鎖国論」として以来、当時の日本の状況を表すのにふさわしい言葉として使われてきたということが、日本史の教科書に書かれています。
「聖徳太子」のように、国史編纂の過程で生み出された特異な人物の呼称とは、言葉の由来が異なります。

また「幕府の対外政策」とする理由として、長崎でのオランダ船、中国船との貿易のほか、朝鮮からは通信使の来日と対馬の宗氏による貿易、琉球からは慶賀使・謝恩使の来日と薩摩藩との関係、さらに蝦夷地では松前氏がアイヌと交易をしていたなど、長崎以外にも外国との窓口が存在したということが、理由として上げられています。
しかし、朝鮮の通信使と琉球の慶賀使は将軍の代替わり、琉球の謝恩使は国王の代替わりの際、すなわち約二百六十年の間に十数回、遣わされただけのことです。
1635年の禁令では、海外に渡っていた日本人の帰国が禁じられ、1825年には外国船打ち払い令も出されました。
ペリー来航の際、密航を企てアメリカ船に乗り込んだ吉田松陰たちは罰せられていますし、ペリー来航に先立つ1844年に開国を勧めてきたオランダ国王の親書を、幕府は無視しています。
三代家光の時代以降、鎖(とざ)された国の状態であったことを積極的に否定するほどの理由として、先ほど上げた諸条件は当たらず、「鎖国」の中でそういう例外もあった、ということで十分なように思われます。

こちらに関しては、本当に「学術的」な判断であるのか。
例えば諸外国との関係を言葉の置き換えである方向に導いていこうとする意図とは一線を画するものなのか、など、注視する必要がありそうです。
実際の教科書がどのように作られ、いかなる検定の経緯をたどるかにも、注意が必要でしょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家

無料で相談してみる

「学び・興味」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ