JIJICO

佐藤 浩明さん

消化器内科専門医

私たちの身体を守る免疫力 免疫力を高めるにはどうすれば良いか?

2017年3月8日

免疫力とは?

免疫力とは、身体が病気などに対抗する力のことです。
私たちの身体はウイルスなどの外敵や体内で発生する癌細胞などに日々脅かされています。
こうした脅威から私たちを守り、健康な日々を過ごせるというのも、免疫力のおかげなのです。
それでは免疫力が低下するということはどういうことなのでしょうか?
さらに、私たちの日常生活において何が免疫力低下を招くのでしょうか。

免疫力低下の要因

まずは食生活の乱れが免疫力低下の最大要因です。
不規則な、バランスの悪い食生活は、免疫力低下の大きな要因となります。
頻繁に飲酒をする・食欲がないといった方は要注意です。

次に以下に述べるような生活習慣も免疫力低下を来します。
喫煙習慣がある、入浴がシャワーのみ、運動・睡眠不足といった、忙しい現代人が陥りやすい生活習慣。
これらは免疫力低下の一因とされています。
体温が35.9度以下の方や、寒がり・暑がり、体格指数(BMI)が正常値外の方は危険信号。頻繁な下痢や便秘、風邪をひきやすい、といった症状も免疫力低下の証です。
免疫力の低下とは無関係に思える「仕事・家事への意欲喪失」「人間関係の悩み」「無趣味・外出頻度が少ない」「スマホ・パソコン依存」も大きく寄与するとされます。

以上のように、免疫力の低下を招く原因を見ると、現代人であれば誰しもが経験のあることばかり。
逆を言えば、現代を生きる私たちは何気なく暮らしている生活が常に免疫力低下を招いているともいえるのです。

免疫力を高めるにはどうすればいいか?

それでは免疫力を高めるにはどうすればいいのでしょうか?
代表的なものは食事・運動・規則正しい生活習慣の3つ、中でも私たちが、気を付けるべきは「食事」です。
運動や生活習慣の改善は、その効果が見られるまでに時間がかかるのに対し、食事はダイレクトに免疫力に影響します。
免疫力を高めるためには、まず体をつくるうえでの基本となる「食事」からのサポートがもっとも大切。
運動をするにしても、日常生活で節制するにしても、身体をつくる栄養をきちんと摂取しなければ効果も半減です。
日頃から免疫を高める栄養素を摂るように心掛け、病気や老いに負けない身体を手に入れましょう。

免疫力アップのカギとなるのが、整腸作用と抗酸化作用をもった食材を取り入れることです。
一見、関係のないように思える腸内環境と免疫力ですが、免疫細胞の7割近くは腸内にあるといわれ、善玉菌が増えることで免疫細胞は活性化されます。
また、抗酸化作用の高い「ビタミン」や「ミネラル」といった食材も、活性酸素の働きを抑えることで免疫力を高める力を持っています。
免疫力を高めるには、体づくりのための食材も摂るべきでしょう。

免疫力を高めるための食事

まずは納豆やヨーグルトなどの整腸作用のある食材、さらには抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eなどを含む野菜類、粘膜強化の作用があるとされるいわゆるネバネバ食材などを積極的に摂取するようにし、偏った食生活を避けて一日30品目以上を目安に取り入れるように心がけること。
さらに発酵食品の王様とも言える味噌は体内の酸化の防止、殺菌効果、消化を助ける整腸効果もあるので、ウイルス対策、便秘解消などの効果を発揮し、がん予防にも期待のできる万能食品です。
味噌汁を毎日飲んでいる人と全く飲まない人と比較すると、なんと胃がんによる死亡率が減ることもわかっています。
是非、一日一度はお味噌汁を飲むようにしましょう。

一時、ダイエット食材としても注目されたバナナにはビタミンB群が豊富に含まれています。
その上、カリウムはフルーツの中でもダントツの含有量で、血中の塩分を排泄する働きがあります。
日々の食事のみで免疫力を高めるには、バランスの取れた食事内容を考えるための強い根気と知識が必要不可欠だといえます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

佐藤 浩明さん
消化器内科専門医

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ