JIJICO

山中 伸枝さん

ファイナンシャルプランナー

iDeCo加入者急増中 今から検討する人はどこに注意すれば良いか?

2017年3月10日

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCoとは節税しながら自分年金が作れる「国の制度」です。
iDeCoという老後資金専用の口座にお金を積立ている時、そのお金を運用している間、60歳からお金を引き出す時のそれぞれで税金が優遇されます。

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」のニックネームで「今、老後のためにできること(イデコ)」というキャッチコピーで厚生労働省を中心に広報活動がしきりに行われています。
実は個人型確定拠出年金は2001年からある制度なのですが、今年大きなリニューアルがされたのであらためて周知されているのです。

どこの金融機関を選べば良いのか

税制優遇があるiDeCoというのはあくまでも法律上の仕組みの話であって、実際に加入する際には窓口となる金融機関を選んで加入手続きをします。
この金融機関のことを運営管理機関と言うのですが、たくさんの運営管理機関がiDeCoの取扱いをしています。

しかし悩ましいのは、運営管理機関によって「手数料、運用商品、サービス」が異なっており、選び方を間違ってしまうとご自身の老後資金が減ってしまうこともあるので注意が必要なのです。
まず手数料ですが、「確定拠出年金 手数料」といったキーワードで検索すると比較サイトを見つけることができるのでまずは利用をお勧めします。
加入時の手数料、運用中の手数料を比較して、コストが安い数社に資料請求をしてみましょう。

iDeCoは必ずしも近くの金融機関で加入する必要はありません。
なぜなら、手続きから運用まですべてコールセンターまたはWEBで行うからです。
また金融機関によっては窓口でiDeCoの相談をしたくても担当者不在と断れるところも多いのです。

そのため、まずはコスト重視で資料請求をしましょう。
そして資料が届いたら比較をしてみてください。
本当は運用商品の種類や運用状況、信託報酬という名前の投資信託の手数料の比較まで行いたいところですが、もし運用に明るくない方であればそこまでは難しいでしょう。

その場合は、資料が分かりやすいかをポイントに見比べてみましょう。
不明点についてはコールセンターで問い合わせをしてみるとその対応に運営管理機関ごとに差があったりしますので、よりご自身にとって納得感のあるところを選びます。

iDeCoに加入するとき心がけること

運営管理機関が決まったら加入のための手続きをします。
この時会社員の場合は、会社から証明をもらう書類がありますから、あらかじめ社内での担当窓口を確認されると良いでしょう。
運営管理機関に書類を提出して最初の掛金の引き落としが開始されるまで2か月程度はかかります。

実はiDeCoは加入するまで結構な時間と手間がかかるので、手続きが完了するとなんとなく達成感があるものなのですが、始まってからの方が大切です。
まず掛金は「ムリのない金額で始めましょう」という言われる方もいますが、ある程度のムリをしなければお金は貯まりません。
従って、iDeCoに加入する際はしっかり将来のことまでを考え、目標をもって掛金を設定するべきです。
同時に家計の見直しも必要です。

iDeCoは掛金をただ積立れば良いというものではありません。
長期で資産運用をして老後資金として十分な金額を準備することが目的です。
そのため適時運用商品も見直す必要があります。
残念ながら、運営管理機関は資産運用の基本的な知識の提供はしてくれますが、加入者一人一人のライフプランを考えたうえでのアドバイスはしてくれません。

そのため、最近では運営管理機関選びから、家計の見直し、運用商品選びのアドバイスまで一貫して行ってくれるファイナンシャルプランナーもいますので、相談されるのも一考です。

iDeCoはただの節税ツールではありません。
資産形成作りのための「ひとつの」オプションです。
どうしても節税メリットばかりが強調されがちですが、しっかりと本来の目的を見据えて活用しましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ