JIJICO

末次 祐治さん

ファイナンシャルプランナー

子供が生まれたら学資保険が得?他の方法も考えてみませんか?

2017年3月17日

教育資金を準備することが目的

お子様が誕生したら、まず「学資保険」が頭に浮かぶ方も多いかと思います。
それだけ、日本では人気のある商品で「子供が生まれたら学資保険」というお考えの方は多いのが現状です。
これは、保険会社が販売しているこども保険で、基本18歳満期の養老保険のことです。
また、親の死亡保障を確保しながら、払込期間を10年から15年に設定して18歳時以降にいつでも引き出せるタイプの低解約型終身保険を使って準備をする方法も人気が高いです。
親の死亡保障が確保でき、もし教育資金に使わなかったら、親(契約者)の老後資金にもなり学資保険の代案として採用している方も多いかと思います。

ただ、昨今のマイナス金利の影響などで、保険会社の貯蓄性保険もかなり影響を受けており、学資保険が販売中止になったり、低解約型終身保険の払込期間が10年や15年の設定ができなくなり、保険商品で準備すること自体が難しくなっています。
しかしながら、学資保険の本来の目的は、お子様の進学時期に合わせて、特に18歳時の大学入学時期を考え、教育資金を準備することが目的ですから、もう少し、視野を広げて他の方法がないか? を検討していくことも大事になってくるのではないでしょうか?

学資保険以外の方法を知って、メリット・デメリットを考えてみる

保険商品でなら、学資保険や低解約型終身保険以外にも、外貨建保険や変額保険、低解約型定期保険で準備する方法もあります。
外貨建て保険では為替リスクがあり、変額保険では元本保証がないなどリスクもありますが、教育資金を貯める一つの手段にはなります。また、低解約型定期保険は低解約型終身保険より大きい死亡保障が確保できるので、ある意味、お子様の教育資金を用意しながら必要な死亡保障も確保できるメリットもあります。

保険商品以外では、金融機関の預貯金が候補です。
利息は、期待できませんが減ることはないので、お子様の教育資金として貯めていくことができます。
ただ、途中ですぐ引き出せるので、教育資金以外に使ってしまうリスクがあります。
しかし、保険商品の場合で起こり得る、満期金より払う保険料が多い「元本割れ」にはならないし、保険ではなく預貯金で準備している家庭も多いことでしょう。

その他は、ジュニアNISAを使ってお子様の名義で教育資金を運用していく方法もあります。
口座はお子様の名義ですが、親権者である親が年間80万円(月約6.6万円)までの投資していく方法です。
資産額に対して、運用益や分配金が非課税になるメリットがあります。
デメリットは、元本保証がないことやお子様が18歳になるまでは現金化できないことがあげられます。
資産形成と運用を同時にやることでお子様のマネー教育という意味では、学資保険の代案として採用していく家庭も増えていくかと思います。

ちなみに、児童手当を使わず全部貯めたらいくらになるかご存知ですか?
答えは、198万円です(0歳~15歳までで所得制限はあります)。
例えばですが、ジュニアNISAを使って、18歳まで運用した場合、3%で運用できれば313万ほどに、5%で運用できれば380万円ほどになります。

家庭に合う方法で準備をすることが大事

お子様の教育資金をためる手段(商品)としては、預貯金や保険などの元本が確定している商品から、運用次第で確定する変動型商品など様々な方法があります。
変額保険やジュニアNISAなど、投資信託を使って準備していく場合は、将来の金額は未確定ですが、例えば、大学時の教育資金を考えた場合、今よりは少子化の影響もあり入学金や授業料も値上がりしている可能性が高いでしょう。
もしかしたら準備していた資金が足りない場合もでてくるかもしれません。
よって今からの時代は、お子様の教育資金準備する考えとして「貯める&増やす」時代かもしれません。
最終的には、その家庭にあった方法で用意していく事が大事になってきます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

末次 祐治さん
ファイナンシャルプランナー

無料で相談してみる

「お金」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ