JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

テロ等準備罪法案国会提出 準備で処罰や冤罪懸念など問題は山積み

2017年3月24日

共謀罪新設法案を与党が国会に提出

1dc7a9a5c015781130b61d19506c3784_m平成29年3月21日に共謀罪新設法案が閣議決定されたのを受けて,与党では今国会中の成立を目指すことが確認されたとの報道がなされました。
この共謀罪新設法案は,組織的犯罪処罰法に「テロ等準備罪」を創設するもので,①組織的犯罪集団の活動として,②組織により行われる重大な犯罪の遂行を2名以上で計画した場合にあって,③計画に係る犯罪の実行のための資金又は物品の取得等の準備行為が行われたときに処罰するものとされています。
この法案について指摘されている主な問題点について解説してみます。

共謀罪新設法案は基本的人権の尊重を蔑にする恐れがある

まず,刑罰は,それ自体が重大な人権侵害となるため,刑罰権の行使が必要最小限度でなければならないこと(抑制的であること)は,基本的人権の尊重という憲法原理から当然に導かれるものです。
現行刑法が法益を侵害した行為(「既遂」)を処罰することを原則にし,「未遂」やその前段階の「予備」,さらにその前段階の「陰謀」を例外的に処罰しているのはその顕れです。
「予備」,ましてや「陰謀」が処罰されるのは重大な犯罪に限定されており,そうであるにもかかわらず,テロ等準備罪として処罰の対象とされる犯罪が非常に広範囲に及んでいるため,現行刑法の基本原則と相容れず,基本的人権の尊重という憲法原理を蔑にしてしまいかねないという問題があります。

準備で処罰や冤罪の懸念など問題は山積み

次に,処罰の対象とされる「組織的犯罪集団」,「計画」,「準備行為」といった犯罪の構成要件が明確ではないため,結局は,「犯罪を共同して実行する意思」を処罰することに繋がるといった問題があります。
これでは,外部から伺い知れない人間の内心を処罰することとなり,憲法で保障された思想・良心の自由を侵害しかねず,これを表現する自由さえも脅かされることになります。

しかも,「テロ等準備罪」などと呼称したところで,市民運動や労働組合活動等に対して適用されないなどとは法文上は読み取れず,捜査当局の恣意的な判断のもとに運用されると,戦前の治安維持法を彷彿させるような監視社会を招きかねないと批判されています。

そのほか,テロ対策とはいっても,どうしてこれまでの法律で対処できないのか,どうして広範な共謀罪の新設が必要なのか,どうして法定刑で一律に多数の共謀罪を新設する必要があるのかなどについて,国民が納得できるような説明がなされていないといった問題も指摘されているところです。

近代市民革命,二度の世界大戦といった歴史を経て,国家権力による人権侵害を可能な限り排除しなければならないと確信して創り上げられた立憲民主主義社会においては,共謀罪新設法案は,時代に逆行するものとの誹りを免れないのではないでしょうか。

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年11月23日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
効率化だけじゃない。取引の安全性を飛躍的に高める「不動産テック」
不動産とテクノロジーを融合した「不動産テック」。利便性を高めるだけでなく、取引の安全性を大きく向上させる効果が期待されています。
2017年11月22日 麻野 祐香さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
いい夫婦の日 理想の夫婦に近づくための心得
結婚生活が続くとお互いの存在が当たり前になり、恋愛とは全く違う感情で相手を見るようになります。お互いを大切に思えるようにもう一度関係を見直してみましょう。
2017年11月22日 内藤 明亜さん
経営危機コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?
飲食業で店舗の無限拡大を効率的に展開するには、ロイヤリティの出費リスクがあってもフランチャイジーになる道が選ばれている。
2017年11月21日 半田 望さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
「あおり運転」での事故は危険運転致死傷罪になるか?
近時、あおり運転や無謀運転の結果、悲惨な事故が相次いでいますが、このような事故について法定刑が重い「危険運転致死傷罪」の適用を巡って議論がなされています。そこで、危険運転致死傷罪がどのような要件で適用されるのか考察します。

テーマ