JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

NHK受信料訴訟 東横インに全部屋分の支払い命令 理不尽ではないか? 

2017年4月1日

解決!アスクミー JIJICO

NHK受信料訴訟 ホテル全客室分の支払い命令

NHKが全国にビジネスホテルを展開している大手チェーンホテルに対し未払受信料約20億円の支払を求めた裁判で、平成29年3月29日、東京地裁はほぼこれを認める判決を出した模様です。
ホテルの客室にテレビが設置してあるだけでNHK受信料の支払義務が生じるものなのか、このあたりを解説してみます。

テレビを設置しているだけでNHK受信料の支払義務は生じるのか

放送法64条1項は、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。…」と定めており、契約をしなかった場合はどうなるのかについて、法律上の明示的な規定は見当たりません。
同条3項が、「協会は、第1項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。…」と定めており、この3項による総務大臣の認可を受けたものが日本放送協会放送受信規約なのですが、この規約4条1項が、「放送受信契約は、受信機の設置の日に成立するものとする。」と定めているため、テレビを設置した段階で自動的に受信契約が成立したことになるようにも思われます。
しかしながら、放送法64条3項で総務大臣の認可を受けなければならないと定めているのは、「契約の条項」ですから、当事者間に成立した契約の内容についてであって、契約の成立時期そのものについては総務大臣の認可の対象外であり、「放送受信契約は、受信機の設置の日に成立するものとする。」との規約は、NHKの一方的な定めに過ぎないともいい得るところです。

高裁レベルでは判断が分かれている状況

 
この点、受信機があるのに受信契約を拒否し、受信料の支払いを拒否していた者に対し、NHKがその支払いを求めて提訴した民事訴訟において、東京高裁の平成25年10月判決では、契約を拒否しても、NHKによる受信契約の申込みがなされてから2週間が経過したときに受信契約が成立するとの判断がされたのに対し、東京高裁の別の裁判体による同年12月判決では、NHKによる受信契約の申込みがなされて相当期間が経過すれば自動的に契約が成立するものではなく、契約である以上は、当然に申込みの相手方が承諾しなければ契約は成立しないとの前提で、契約は受信者に対する契約の承諾を命ずる判決が確定した段階で成立すると判断するなど、高裁レベルでは判断が分かれてしまっている状況であり、現在、最高裁判所の大法廷による最終判断待ちの状態です。

テレビを設置しただけでNHKと受信契約を締結することなく、また、実際にもNHK放送を視聴することがないにもかかわらず受信料の支払をしなければいけないというようなことは、国民の立場からすると理不尽にも思えますので、最高裁判所には、国民が納得できる判断をして頂きたいものです。

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年11月23日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
効率化だけじゃない。取引の安全性を飛躍的に高める「不動産テック」
不動産とテクノロジーを融合した「不動産テック」。利便性を高めるだけでなく、取引の安全性を大きく向上させる効果が期待されています。
2017年11月22日 麻野 祐香さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
いい夫婦の日 理想の夫婦に近づくための心得
結婚生活が続くとお互いの存在が当たり前になり、恋愛とは全く違う感情で相手を見るようになります。お互いを大切に思えるようにもう一度関係を見直してみましょう。
2017年11月22日 内藤 明亜さん
経営危機コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
『幸楽苑』が『いきなり!ステーキ』のフランチャイジーになった意味とは?
飲食業で店舗の無限拡大を効率的に展開するには、ロイヤリティの出費リスクがあってもフランチャイジーになる道が選ばれている。
2017年11月21日 半田 望さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
「あおり運転」での事故は危険運転致死傷罪になるか?
近時、あおり運転や無謀運転の結果、悲惨な事故が相次いでいますが、このような事故について法定刑が重い「危険運転致死傷罪」の適用を巡って議論がなされています。そこで、危険運転致死傷罪がどのような要件で適用されるのか考察します。

テーマ