JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

育休復帰をスムーズにするために 夫との育児や家事の分担は必須か?

2017年4月6日

夫が育児や家事を分担することで夫婦間は上手くいくのか?

d54c4c8f34ff390180639cbae5c3a309_m育休から職場に復帰する時は、誰しも様々な不安を抱えると思います。
そのような中、女性が育休から復帰する際に育児や家事を夫と分担することが不可欠という声をよく聞きます。
しかし、単に夫が家事や育児をしたからといって女性のストレスが軽減されるわけではありません。

夫婦のやり方が一致することは稀である

以前私が執筆した「夫が家事を手伝うと夫婦円満になるのか」でも述べましたように、家事や育児はやり方が千差万別で、やり方や考え方が一致する事のほうが珍しいでしょう。
そして、この価値観の違いを受入れられない夫婦があるのも現実です。
中には「夫が家事や育児をすると逆にイライラする」「この程度で家事をした気になるなんて、女性が迷惑。」と声高々に掲げる方もいます。(バラエティ番組等では錦の旗のように、とりあげられることがあります)。

また、家事や育児を分担しても、子どもを見る目には夫婦で温度差があります。
例えば「子どもがお茶をこぼしたのだから、謝るようにあなたからも言ってよ!」と言い夫に腹を立てている妻。
一見すると妻は子育てに熱心で夫はサボっているように見えますが、これは温度差の違いです。
妻にとってはこの場で謝ることが大切だが、夫にしてみたら小学校に入るまでに謝れる習慣が身に着けばいいというだけです。

夫婦の価値観の違いを受入れることが大切

世間には家事育児は女性がすべきという風潮があるのは事実です。
だからでしょうか。女性がする家事は正当で、それにそぐわない男性の家事は不当という風潮も存在します。
しかし、男脳女脳と言われるように、男性と女性では物事の捉え方がハッキリと違い、それは家事育児に対しても同様です。
「女性も働く時代だから、男性も家事や育児をしろ!」という女性の声は一理ありますが、そのような声を上げている女性が「男性の家事・育児の捉え方は女性と違う」「その違いに自分はストレスが伴うかもしれない」という予測ができているかというと、大半の人は出来ていないように思われます(そもそも大半の女性はこのように理屈的には考えないと思います)。

この価値観の違いで、相手を批判する態度をとる人は、結局のところストレスがたまり、スムーズな育休復帰とはならないでしょう。
それだけでなく、そのような親の態度を見て育った子どもは「自分のやり方を押し付ける」「他者と考え方が違うことを受入れられない」「他人の好意を否定する」といった性格になりかねません。
これでは本末転倒です。

逆に価値観の違いを肯定的に捉えられる人はストレスも溜まらず、スムーズな育休復帰となるでしょう。
それだけでなく、子どもも「他者と自分の違いを受入れられる」人格に育ちます。
夫のことを「大きな子ども」という妻がいますが(確かにそういった夫も沢山います)、自分と違ったやり方を受入れられない妻も同様に「大きな子ども」です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

中原 崇さん
社会福祉士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年6月8日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?
美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ