JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

ドイツで偽ニュース放置企業に59億円罰金へ 日本でも可能性はあるのか? 

2017年4月13日

ドイツで偽ニュース放置企業に膨大な罰金を科すことに

07a18ccadcb203f59fec5181def21cbb_mドイツでは,今般,フェイク(偽)ニュースを放置したソーシャルメディア企業に対し,最大で5000万ユーロ(約59億円)の罰金を科す法案が閣議決定されたとの報道がありました。
しかも,この法案では,企業のみならず,企業の責任者に対しても,最大500万ユーロ(約5億9000万円)の罰金を科すことができるようになっているとのことです。
日本でも,同じような法案が審議されて成立する可能性があるのでしょうか。

日本でも同じような法案が成立する可能性はあるのか

この問題は,憲法21条で保障された「表現の自由」との調整をどのように図っていくのかという極めて重大な課題を抱えているため,単純に法案化できるような代物ではありません。
「表現の自由」には,「知る権利」が含まれています。
より良い社会の仕組みを作って行くためには,国民が様々な情報に接することができ,それに基づいて判断し,これを社会の仕組み作りに反映させることが不可欠であり,メディアは情報を社会に流通させる,すなわち国民の「知る権利」に奉仕する役割を担っています。
もちろん,「表現の自由」といえども絶対的に保障されるものではなく,他の人権との衝突を回避する必要があるなど,「公共の福祉」のために一定の制約を受けるものですが,これが行き過ぎて情報統制が行われるようになると,政権が独善的に国家を運営することが可能となってしまい,却って国家権力により憲法の究極の価値である基本的人権を過度に侵害されることに繋がりかねません。

我が国では,虚偽の情報を流布する行為は,名誉毀損罪(刑法230条),信用毀損罪(同法233条)あるいは偽計業務妨害罪(同条)などで処罰の対象とされていますが,それが公共の利害に関する事実の場合であって,公益を図る目的に出たものである場合には,表現の自由との調整を図るため,真実であると信じるに足りるだけの根拠があれば,実際に虚偽であったとしても違法性はないとされたり,あるいは犯罪の故意がないものとして無罪とされます。

「表現の自由」の価値を蔑にしてしまう危険性に十分配慮した議論が必要

気軽に情報を入手できるインターネット時代においては,情報の真実性をよく確認しないままSNSなどで爆発的に情報を拡散させてしまう危険性があることは否定しませんが,だからといって,ドイツのような法案を成立させてしまうことは,莫大な罰金を科されることを恐れて国民の間に本来広く知らしめるべき情報の提供さえ控えるといったメディアの萎縮的効果を生み出しかねず,健全な民主主義社会からは遠のくことになります。
全体としてみた場合には,そのことの方がよっぽど重大で見逃せない問題なのです。

他の国がどのような動きを見せようとも,我が国においては,新たな刑罰法令を作って罰則を強化するまでの必要性があるのかどうか,「表現の自由」の価値を蔑にしてしまう危険性に十分配慮した議論が必要です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年7月18日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
市職員不正採用事件、「採用取り消し」処分は認められるの?過去の裁判例から考察
市職員の不正採用事件は、公務員人事の公正さといった公益と、採用を取り消された職員個人の被る不利益のいずれを重視するのかといった観点から判断されるべき問題です。先の大分県教員採用汚職事件の最高裁判決が、具体的な判断基準を示さずに異なる判断を確定させてしまった責任は、非常に重いものがあると考えます。
2018年7月16日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか
介護施設でのパワハラといえば職員から利用者の方への事例がしばしば報道で取り上げられますが、現状は職員側がセクハラやパワハラ被害を受けるケースがかなり多いようです。被害発生の原因と対策等について解説します。
2018年7月8日 大竹 光明さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
実効性は意外とある?現代のストライキ事情
「ストライキって昭和の話でしょ?」あまり身近でないイメージがありますが、労働環境改善を目指したストライキは今でも実施されています。現代のストライキ事情とその実効性・リスクについて解説します。
2018年7月6日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
学校で女子生徒が妊娠・退学。法的に問題ないのか?
今年の文科省の調査によると、公立高校における妊娠実例のうち、32件で自主退学を勧めていたとのこと。このような対応は法的に問題がないのか。安易に退学を勧めるのではなく子供の将来を考慮した対応が重要です。

テーマ