JIJICO

神田 正範さん

防犯・防災コンサルタント

新学期 親子で学びたい子供の防犯術

2017年4月24日

子供たちの成長と穏やかな日々を奪う犯行

今年は、桜が満開になった入学式でした。
桜が散った今頃は、子供たちにとって一生懸命が続く毎日だと思います。
これから新緑が茂る季節を迎え、夏ごろには頼もしささえ身につけることでしょう。
また、新学期を迎え、クラス編成などで新しい友達が増える季節でもあります。
環境の変化に伴い、著しく成長していくのが子供たちです。
そして、成長過程にある子供たちの言動に、つい頬を緩ませ穏やかさを実感します。

しかし、穏やかな日々を破壊し、子供たちを悲しみのどん底に突き落とす事件が後を絶ちません。
弱者を狙う卑劣な犯行から、子供たちを守らなければなりません。
卑劣な犯行を企む者にとって、身を守る術を知らない子供たちはターゲットに選び易い存在です。
そして、準備を整えて犯行のチャンスを窺っているのです。
子供たちの非力を好都合と考え、凶行を肯定できる卑劣さは、決して許せるものではありません。

子供から学ぶ地域の脅威と予防策

子供を対象とした犯罪調査の中に「ヒヤリハット」との因果関係を説くものがあります。
これは、犯罪が多発している地域では、兆候として不審者情報が多く寄せられ、子供たちが怖いと感じる事象が増えて行く事がデータと共に紹介されているものです。
つまり、大人では感じ難い脅威が子供たちを狙っており、子供たち自身は気づいている証でもあるのです。
また、初期段階で被害に遭った子供たちの多くが、自責や恥ずかしいと言った思いから言い出せずにいる事も報告されています。

この調査結果で、犯行者は大人が気づかぬ事を尻目に犯行を重ね、次第にエスカレートしていく事を物語り、子供たちの「ヒヤリハット」に気づかぬ環境は、犯行者が好む環境である事を示しています。
子供たちを卑劣な犯行から守るためには、先ず話を聴く事が重要です。
「ヒヤリハット」を根気強く聴き出し、何に気をつけているのかを教えて貰う事が先決です。
この2つの情報で、子供たちが感じている脅威と行動できる能力が判ります。
特に行動できる能力は重要で、対処方法のカスタマイズに大変役に立ちます。

子供の防犯対策は親子で学ぶことが最も重要

子供への防犯教育は、時に道徳教育と反目します。
「知らない人について行ってはいけない」が示すように、他人を疑うことを教えます。
また、この教えには主語が無いことにも気づいてください。
「お母さん(お父さん)が急病…」犯行者が使うポピュラーな誘い文句です。
経験値の浅い子供にとっては、主語の無い「知らない人」か、お母さん(お父さん)の「知っている人」か迷ってしまうのが当然です。
つまり、子供の防犯教育は、成長に応じたカスタマイズが必用なのです。

いつもの通学路を子供と歩き、子供が怖いと感じる場所を教わり、大人が危ないと感じる場所を教えてください。
そして、忘れてはならない危険な場所が「死角」です。
死角とは「見えない場所」だけではありません。
普段目を向けない「見ない場所(興味の無い場所)」も死角なのです。
この時、通学路の地図を作って危険な場所を理由と共に記すと、より明確になります。
また、定期的に地図を作り替えることで、街並の変化や子供の成長が具体的に推し量れます。
子供の成長は著しいものです。
画一な防犯対策も、子供の成長に合わせたカスタマイズで一層の効果が望めます。

そして、他人を疑うことより家族を信じることを教えてください。
家族の知人を装う犯行者の言葉より、家族に確かめることが優先すれば、きっと犯罪から身を守れる筈です。
例え子供であっても、自身の身は自身でしか守れません。
子供の防犯教育とは自立を促すことで、成長によって変えなければならないのです。
「親は子から学び、子は親から学ぶ」そんな家族の関係が、子供を卑劣な犯行から守る術なのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ