JIJICO

村山 るり子さん

キャリアコンサルタント

PTAはブラック組織!保護者が不満爆発

2017年4月26日

PTAが原因で悩みを抱えてしまう保護者

近頃は保護者会とも呼ばれているPTAですが、保護者と教師との関わりや子供達の学校活動に必要な組織というのは、まぎれもない事実です。
しかし、時代によって必要とされるPTAの役割も少しずつ変わっており、組織を維持するためには絶え間ない努力も必要になります。
実際、最近よく耳にするPTAでのトラブルでは、親が子供のためにと思うあまり過剰にPTA活動に介入することで、人間関係を大きく損なうことで発生することも多いのです。
その結果、日常の生活にまで支障を及ぼしてしまい、「もうPTAをやめてしまいたい」と叫びたくなるようなことが発生してしまうのです。

働く女性が増えるとともにPTA活動は難しく

子供達のためにということで過剰に頑張ってしまい、それを他の保護者にも求めてしまいトラブルになるということはよくあります。
もともと、PTA活動は強制参加ではありませんが、知らず知らずのうちに拘束されるような状態になり、逃げだしたくなるような交流を要求される傾向があるのではないでしょうか?

PTA活動をやりたい人、やりたくても仕事の関係でやれない人など、時代とともにその環境は大きく変化しています。
昔と違い働く主婦が当たり前のようになり、政府が進めている「女性が生き生き働ける社会」が進めば、PTA活動に積極的に参加できなくなる人が増えるのも仕方ないことでしょう。

PTA活動の新しいルールづくりが必要

保護者としては、子どもたちがしっかり成長していくために見守り続けなければなりません。
PTAの集まりも働く保護者が増えれば、今までのやり方では非効率かもしれません。
また、それを配慮して夜に開催した場合、子どもが小さければその場所に保護者は子どもを連れていかなければなりません。
その会合の場で何か紛糾した場合、子ども達の前で聞かせたくない言葉のやり取りも聞かせてしまうことも考えられます。
小さい子どもたちの将来のことを考えると問題ですね。
何のためにPTA活動を行うのか、今一度あり方を考える必要があります。

例えば…
PTA主催の交流会の実施日時を見直すとか。
やはり核家族が多くなっているなか、各家庭そのような交流会に出席する時間が取れないことは当然ありますし、ましてや母子家庭、父子家庭になるとほとんど参加できないでしょう。
子供のためといいながら、出席できないことで精神的にどんどん追い込まれてしまうことは考えられます。
今の時代、このような不満や不安、悩みを軽減するために組織が必要なのです。

そして、組織とともに新しいルールづくりも必要です。
きちんと時間を決めて、保護者一人ひとりの出来ないことを取り除いていけるのも組織でありPTAのこれからの問題解決の一つでもあります。

コミュニケーションもなかなか取りにくいというのも、こういうところから変えていくことが必要ではないでしょうか?
PTAという組織は、時代の変化と合わせて変えてこそ有効な組織と言えます。
これからの子供達へつなげていけるようなPTA活動の新しいコミュニケーション、ルールづくりが必要であると考えます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

村山 るり子さん
キャリアコンサルタント

「教育」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ