JIJICO

王子 月乃さん

ストーリー漫画作成

営業は「プロレスの技」をかけるようなものと思うと上手くいく?

2017年4月27日

営業やセールスはプロレスの技と同じ?

644f33a60031e992edc3551c1a1b8939_m今週どうしても参加しなくてはいけない異業種交流会があるのだけど、営業やセールスが苦手なのでどうも気乗りしない。
そんなアナタにオススメしたいのが、「営業やセールスはプロレスの技と同じ」と思うことです。

今にして思えば、私が異業種交流会に出席する時には、プロレスの試合をする感覚で参加していたような感じでした。
会場入りするときには、プロレスの入場曲のようにテーマ曲が流れており、司会は古舘伊知郎だったような気がします。
十六文キックを、ウエスタン・ラリアットをキメようとしていた気がします。
以上は、全て私の頭の中での出来事ですが、それでも不思議な高揚感をもって交流会に臨むことができ、苦手なはずだった営業トークもすんなりと口をついて出てきました。

プロレス技に例えると上手くいくワケ

プロレス技というのは、何度か技をかけられる体験をしておくことで、その技を習得も出来ますし、その技の外し方も身につけることができます。
そして、自分がその技をかけるときも、かけられた経験がいきることによって効率よく技を出すことが出来るのです。

それだけではなく、かけるためには相手との間合いを詰めるタイミングなども必要ですが、相手も慣れているので、そう簡単にこちらの思惑通りには動いてくれません。
相手の間合いを詰めるためのテクニックも必要となってくるのです。
これら一つひとつの手順や心がけが営業やセールスを成功させるためのものとそっくりなのです。

プロレスの試合会場をビジネスに見立てると、異業種交流会はまさに絶好の場になります。
交流会場はある意味、技をかけていい場所なので、自分が培った技をのびのびとかけてみてはいかがでしょうか。
まあ異業種交流会というのは、少し進行がお約束じみているところも、プロレスと近いところがあるので、その気になりきって行動してみてください。

ちなみに私が個人的に好きなプロレス名言集は、
「猪木、テメエの首をへし折るのに3分もいらねえ。5分あれば十分だ」です。
時間延びてるし!っていう……。

いやあ、真剣試合あり、笑いあり、プロレスは本当に素晴らしいエンターテイメントですねえ。

人を幸せにするビジネスも同じです。
真剣でありつつ笑いを忘れずにいたいものです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

王子 月乃さん
ストーリー漫画作成

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ