JIJICO

小倉 越子さん

社会保険労務士

ブラック産業医が社会問題に 産業医の果たすべき役割とは?

2017年4月28日

従業員解雇に力を貸すブラック産業医が社会問題に

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_m「ブラック産業医」と呼ばれる人が問題になっています。
「ブラック産業医」とは、会社と手を組んで、従業員の解雇に力を貸す産業医のことです。
具体的には、「産業医」が、「この健康状態では勤務に耐えることができない」と独断で診断して、それを理由に会社が従業員を一方的に辞めさせるといった行為に加担する医師です。

産業医の果たすべき役割

もそも「産業医」とは何でしょうか?
「産業医」とは、50人以上の従業員がいる事業所(会社)では、必ず置かなくてはならないと法律で決められている医師のことです。
一般的には、会社と業務委託契約を結び、健康診断の結果に対する所見を述べたり、安全衛生委員会に出席して意見を述べたりなど、従業員の健康管理をするのが主な仕事です。

私も、会社で労務管理をやっていたときには、産業医とつきあいがありました。
一人暮らしの若い従業員が急に具合が悪くなったときなどは、時間外診療に応じてくれたり、精密検査が必要な従業員には大きい病院を紹介してくれたりと、力になってくれる医師でした。
一方で、産業医と、体調を崩した従業員の主治医との見解が違い、対応に苦労したこともあります。
特に、長期間休んでいた従業員の復職面談では、様々な問題が発生しました。
例えば、従業員当人は一日も早い職場復帰を望んでいるのにもかかわらず、なかなか産業医との面談の時間が取れなくて、無駄に会社を休むことになってしまったり、主治医は復職可能と診断したのに、産業医が復職不可能と判断して、職場復帰が先伸びになってしまったりしたケースなどです。
このような場合、会社としては、産業医の意見を優先するので、従業員には我慢してもらわざるを得ませんでした。

産業医の責務は、従業員の健康を守ることですが、医療の全ての分野を熟知しているわけではありません。
特に、メンタル疾患となると、専門外の産業医が多いので、産業医としてもリスクを避けたいがために慎重な対応を取っていたようです。

会社と協力し従業員の雇用継続を支援するのが産業医の役目

29a2a61a6af0f548bbe4c67d7e627b81_mしかし、冒頭に書いたような「ブラック産業医」の行為は、許されることではありません。
メンタル疾患や難病を抱えるなどの従業員を、会社と手を組んで退職させるのではなく、会社と協力して従業員の雇用継続を支援するのが産業医の役目だと思います。

ある会社の従業員が癌にり患し、長期入院後復職する際に産業医と面談をしました。
その時産業医に、「困ったことがあったら、何度でも面談する。負担がかかるような勤務状況になったら、こちらから会社に助言する」と言われて、とても安心したそうです。その人は、り患して2年たった今も元気に勤務しています。

産業医に支払う報酬は、とても高額です。
医師なら誰でもいいというわけではなく、会社は信頼できる「産業医」を選び、従業員のために活用することを考えなくてはいけません。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

小倉 越子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。
2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?

テーマ