JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

報道の自由度ランキング日本は72位 G7では最下位が意味するもの

2017年4月29日

報道の自由度ランキングで日本は72位 G7では最下位

国際NGO「国境なき記者団」が,2017年の「報道の自由度ランキング」を発表し,調査対象の180カ国・地域のうち,日本は前年と同じ72位でイタリア(52位)に抜かれ,主要国7カ国(G7)では最下位とされましたが,そもそも「報道の自由」とは何でしょうか。

報道の自由とは?

まず,近代市民革命を経て獲得された民主主義社会(民主主義政治)とは,国家の主役は国民であるという原理に基づく社会を意味します。
しかしながら,国家の構成員たる国民がそれぞれ自由な意思で自由な振舞いをすると,国家の秩序が乱れてしまいますので,国民ないし国民の選挙によって選ばれた代表者によって国のルール(法律)を作り,そのルールに従って国を運営する政権(政府)を作ることになります。
これらは多数決原理に支配されて機能するわけですが,多数決で決まったルールや,ルールの執行のあり方が,必ずしも法の原理に基づいた正しいものとの保証はありません。

偏った情報しか流通していない社会では,偏った考え方で多数決が行われた場合,正しいルールの制定やその執行のあり方は期待できないからです。
裏を返せば,情報統制が行われる社会では,政権が独善的に国家を運営することが可能となってしまい,憲法の究極の価値である基本的人権を侵害されかねないということになります。
より良い社会の仕組みを作って行くためには,国民が様々な情報に接することができ,それに基づいて判断し,これを社会の仕組み作りに反映させることが不可欠です。

我が国の憲法21条で「表現の自由」が保障されていますが,正しく表現するためには正しい情報に接することが不可欠ですから,「表現の自由」には「知る権利」が含まれています。
そして,メディアは情報を社会に流通させる,すなわち国民の「知る権利」に奉仕する機能を有するため,「報道の自由」も「表現の自由」の一部として尊重されなければなりません。

政権による情報統制は民主主義社会を危険に晒すことに

このようなメディアの機能を考えますと,メディアと政権は,ある程度の距離を保った関係になければならないことは明らかです。
政権がメディアを統制するようになってしまうと,それこそ偏った情報のみが社会に流通することになり,国民は正しい情報に接することができなくなるわけですから,そのような社会の行き着く先は国民の基本的人権など顧みられなくなる独裁国家です。

前記の「報道の自由度ランキング」というものが,どこまで客観的な指標をもとにランク付けをされているのかが判然としないため,直ちに鵜呑みにすることはできませんが,少なくとも我が国に関しては,メディアに携わる現場の人たちの感覚が反映されての結果でしょうから,これを無視してよいということにはなりません。

政権がメディアの報道のあり方に口出しをするようになり,メディア側も組織を守るために委縮してこれに従っているのではないかと疑われるような事象が相次いでいることを考えますと,メディアに携わっていない一般の国民こそが,民主主義社会(民主主義政治)が危険に晒されているといった危機感を持たないといけないように思います。

このコラムを書いた専門家に質問できます

田沢 剛さん
弁護士

無料で相談してみる

「法律」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ