JIJICO

澤村 正美さん

仲人士

年の差婚は異文化交流? 本当に幸せになれるのか

2017年5月1日

藤あや子さんの年の差婚に世間はビックリ!

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_m藤あや子さんがご自分の娘さんより年下の男性とご結婚しました。
30代前半の夫と 50代後半の妻の夫婦です。
おめでとうございます。

ここまで年の離れた夫婦は、逆に男性が年上でも、あまり数は多くないですよね。
まして女性が20以上も年上では、世間はビックリしましたね。
それだけ普通では考えられないからなのでしょう。

プロ野球選手は結婚相手として年上女房を持つと上手くいく、ということはよく言われていますが、実際に10歳ぐらい年の離れた年上のアナウンサーや芸能界の女性と結婚する方が本当に多いです。
野球に専念する為にその他の事を管理し、任せていけるしっかりとした年上の女性を求めるのでしょうか。

女性のほうもアナウンサーとして、あるいは芸能界でアラサーやアラフォーまで活躍してきており、収入や知名度は充分あるということで、若い包容力と将来の自分への保険のためにプロ野球というステータスを持つ年下の男性と結婚する事はギブアンドテイクが成り立つわけで、年の差婚の疑問は解消されるというわけです。
ですから、プロ野球選手が年上女性と結婚することは世間的にも普通の認識と受け取っているので騒ぎにはなりません。
もちろん私もアリだとずっと前から思っていました。
自分の足りないところを補ってもらえる関係だからと理解しています。

昨今の年の差婚事情

女性の方に結婚相手の理想を聞くと、○○歳上の男性というような回答がきます。
30歳前後の適齢期の男女であれば、客観的にみても普通です。
生理的にも内面的にも健康な適齢期の男女なので、その頃に異性に反応し、子孫を増やす行動になることも自然です。
この年齢でないと肉体的には健康な子孫を残せないと言われているからです。
ここで言う年の差婚はそれらとは違い、昨今の晩婚傾向や生涯独身希望の時代だからこそ、あてはめられます。

私のところへ婚活相談の面談に来られる方も、アラフォー世代の女性などは社会的にも経済的にも自信を持たれているので、もちろん3高を望み、年下希望だったりします。
ある程度の収入もあり、仕事の役職にもついているので、男性に求めるのは、収入は高く年齢は低くで、希望の結婚が出来ると確信しているのです。
そして、そのような相手がきっと現れると信じているので、妥協したお見合いはしないのです。

「ずっと仕事をしてきたからそろそろ専業主婦もいいかな?。だから、最低でも夫の年収は、800万は欲しいですね。年齢は年下でもいいです。介護はしたくないので、年上なら5,6歳上まで。」
なんてビックリの事を話しているようですが、普通に皆さん希望されている内容なのです。
子供を産むとか家庭を守るとかいつの時代の話でしょうか…

一方、男性は、会社経営や専門職の1千万超えの熟年の方は若い女性を求める傾向にあります。
男性の場合は年収に比例して、希望のお見合いを出来る可能性が高いですからね。
適齢期の女性と結婚し、子供も持てる可能性は大きいと言えます。

若い男性が年上の女性と結婚するケースは今後増える?

若い男性が年上の女性と結婚する事は今も昔もありますが、年上女性が選ばれていくのを見ていると、結婚に対する価値観が男女ともに変化してきているんだろうなと思えます。

家事が出来る男性、共働きもしてお互いが自立する、子供もいなくてもいい人。
年上女性からみたらそんな条件が普通になる事がこれからの時代の変化なのでしょうか。

そんな条件、婚活のお見合いではまずは出会えません。
お互いの条件が納得の上からの出会いなのでまずは経済力になるからです。
まともに惹かれる事は一般的には難しいですよね。

自然な出会いだからこそ異性の魅力を感じるので、20も上の女性でも好きになって結婚になるのですね。
そして子供も望まない。
結婚願望もない男性が年々増加している事も関係してきているのではないでしょうか。
いつまでも独身が楽なんです。
それは、裏を返せば誰かを支える自信がないのです。

2007年生まれ以降の日本人の平均寿命は100歳になると言われています。
結婚適齢期に一般的な結婚をして子育てもし、独立を見送ってから離婚をしたとしても、次の婚活も可能な時代が来るということです。
60歳まで独身でもそこから結婚生活を40年送れる時代になります。

どちらが年上でもお互いの理想が叶う事になるのなら、それは充分幸せであり、異文化の壁も越えるような世代間のくくりが幅広くなると思います。

女性の立場からですが、藤あや子さんの生き方は理想です。
もちろん輝く自分でなければ男性に選ばれる事はないですよ。
いつも自分を磨く事は最低条件です。
長生きする時代だから、いつまでもお互いがギブアンドテイクになれる男女でありたいです。

目指せ 藤あや子!

このコラムを書いた専門家に質問できます

澤村 正美さん
仲人士

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ