JIJICO

葛西 久仁子さん

人財開花コンサルタント・企業研修講師

今こそ大切にしたい人財の活かし方

2017年5月1日

昨今、人手不足が常態化

昨今、どちらの企業でも人手不足に陥ってようです。
企業努力をしているにも拘らず、求人がままならない、採用できても離職に歯止めがかからず、人手不足は業種問わず買い手市場だったバブル期よりもはるかに大きな問題と言われています。
ましてや「ブラック企業」というレッテルを貼られるとこれらに拍車がかかってしまい、益々困難の様子を呈します。

若者の教育・訓練も雇用対策として必要に

以前は、仕事が続かないのは往々にして「若者に問題がある」と思われていましたが、平成25年に厚労省が調査を実施した若者の離職理由を見ても、実は企業側に改善しなければならない何らかの問題があることが伺えます。
また、「過労死等防止対策推進法」が成立してからは、「仕事と私生活の好循環」ワークライフバランスは経営戦略の重要な柱となりました。
以上のことから、雇用対策として「若者の教育・訓練の在り方」、「企業の働かせ方」をしっかり考えなければならなくなりました。

ところで、会社を経営するにあたってはCS(顧客満足度)とES(従業員満足度)の両面が共に均一であることが重要です。
どちらかに満足が得られない場合、何らかの形で支障を来たしてしまいます。
「CSの前にESあり」といわれるように企業としては、ESを高めることで、従業員のモチベーションが上がり、定着が図られ、生産性を向上させられます。
このように労働環境を整備するということが企業にとって喫緊の課題なのです。

従業員を「人財」に出来るかが社運を左右することにもつながる

人財開花コンサルタントとして企業の大切な「人材」を教育することによって「人財」となっていただくお手伝いをさせていただいておりますが、ご相談を受ける度に思うことは、企業の資源の中で、「人」が最も活用されず、能力も開発されてないということです。
本来は、自社の業績を上げるために、最前線で直接、お客様に接しているのは従業員で、その従業員の「質」の良し悪しで社運が左右してしまうことさえあるのにです。

従業員のための教育費に関しては経費削減の対象3Kに交通費、交際費と共に含まれていて、教育の重要性は理解できるものの、予算が取れないという企業がまだ多いのも現実です。

昨今は、ジンザイを「人材」から「人財」と表記する企業が増えました。
人材も国語辞典では才能が有り、役に立つ人、有能な人物とあるのに、あえて「人財」と表記するのは、従業員を財産として扱って大事にしているという想いを伝えたいためでしょうか。
一説には
「人材」…Human resource 人を活かすべき対象と認識している。
「人財」…Human capital 資本としての従業員、Human resourceとの違いは、人を投資対象として見ている、教育コストをかけてでも、自ら稼げる人に育てる、企業として勝ち抜くためには従業員を投資対象としてみる必要が出てきたという経緯があるからだそうです。

企業には仕事を通じて人を活かすことが求められます。
いくら誠意をもってお客様の求めている商品やサービスを提供しても、従業員が自分の仕事に生きがいや幸せを見出せなければ、せっかく働いてもらっている意味がありません。
まずは従業員が安心して働ける環境を整えましょう。
その上で、従業員一人ひとりの特性を見極め、適材適所の役割を与え、責任を持たせ、成果を出したら賞賛する。
このような教育(共育、協育)プログラムを構築し、人財も業績もプラスのスパイラルに乗ろうではありませんか!

このコラムを書いた専門家に質問できます

葛西 久仁子さん
人財開花コンサルタント・企業研修講師

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ