JIJICO

町田 萌さん

ファイナンシャルプランナー

その生命保険本当に必要?自分にあった生命保険、医療保険の選び方

2017年5月8日

世界一保険加入率が高いといわれている日本

世界一保険加入率が高いといわれる日本では、生命保険や医療保険に加入することは当たり前のように考えられています。
特に節目である就職、結婚、出産など、その時々で加入しないといけないと考えている方も多いでしょう。
また近年では数多くの保険会社の商品を取扱う保険ショップやネット保険で保険商品の情報や知識に触れる機会が以前より格段に増えています。
しかし残念ながら本当に必要な保障に加入している方が少ないというのが実態です。
また数多くの保険商品がある中で本当に必要な保障を選ぶ事はかなり難しいでしょう。

そこで生命保険や医療保険を選ぶ上で一番重要なポイントは何か。
ポイントを押さえることで本当に必要な保障は何かということを判断することができます。

必要保障を知る最大ポイントは公的社会保障を知ること

生命保険や医療保険を検討する前にまず知ることは公的社会保障を知ることです。
死亡、高度障害状態になった時、遺族年金や障害年金が支給されます。
また国民皆保険は通院時に3割負担というのはご存知のとおりですが、高額療養費制度や傷病手当金等があります。
特に高額療養費は手術などのケースになっても自己負担が一定の出費に抑えられています。
これらを見ても日本の公的社会保障が充実していることがわかると思います。

公的社会保障を知り確認することで世帯の収入、貯蓄額によっては生命保険や医療保険を必要としないという世帯も少なくないのです。
したがって生命保険や医療保険の加入はどうしても公的社会保障で賄えない部分の補足として検討するということがポイントです。
そこを押さえておくだけで加入する保障額は最低限で済み、保険料も少ない負担に抑えられます。

保険金の内訳をシミュレーションしてみる

もうひとつのポイントは死亡、高度障害状態になった時、高額な治療になった時の保険金の内訳をシミュレーションしてみることも大切です。
これは家族構成によって変わってきますが、家族や子どもがいる場合に必要となる費用としては、家族の生活費、子どもの学費、葬儀関連費用、入院費用等です。
持ち家の場合は団体信用保険に加入しているケースがほとんどなのでローンの心配はないでしょう。
葬儀を行う場合にかかる費用としては、葬式代はもちろん、墓石や仏壇、戒名、香典返しなど多岐に渡りますので、シミュレーションはしておきましょう。
また死亡の場合、多くのケースでは病院で亡くなるので、亡くなる直前の差額ベッド代や治療代などの金額も大まかで結構なのでシミュレーションしましょう。
また、高額な治療になった場合は、多くのケースが高額療養費で自己負担は少なく済みます。

以上の2点のポイントを押さえるだけでも必要保障額がある程度は見えてくるでしょう。

加入する保険はシンプルにする

数ある保険商品の中には色々な保障を組み合わせているものや、特約を多く付けている保険商品が少なくありませんが、内容が複雑でわかりにくく保険料も安くはありません。
保障を最低限にシンプルにすることで保険料も抑えながら保障もカバーできる保険を筆者はオススメしています。
その中でも、ネット生保や共済保険、職場等の団体保険はそれに近いでしょう。
ネット生保は初心者でもわかるように非常にシンプルになっており、保険料も安価に抑えられています。
共済保険は死亡保障と医療保険が組み合わさっており、安価で保障もしっかりしています。
職場にある団体保険も一般的な保険より安価に抑えられていて保障もカバーされています。
もし自身で必要保障額を出して保険を探すのであれば以上の保険を検討していいと思います。

最後に

筆者は保険の相談時に、公的社会保険は主食、保険加入はサプリメントであるとお伝えしています。
主食である公的社会保障で補えない分をサプリメントである生命保険や医療保険で賄うという考え方です。
また、出来る限り保険加入に頼らないということも重要であると筆者は考えています。
上記のポイントを押さえることで自身に合った保険を見つけることができます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

町田 萌さん
ファイナンシャルプランナー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ