JIJICO

中原 崇さん

社会福祉士

GPS機能は高齢者の徘徊を減らすことができるのか

2017年5月8日

認知症高齢者の徘徊が社会問題に

平均寿命が延び高齢化が進む中、認知症高齢者の徘徊は社会問題の1つとして課題となっています。
そのような中、GPSやQRコードを用いた徘徊対策が商品化されてきました。
このような機器を用いることによって、実際に徘徊を減少させることができるのでしょうか。

認知症高齢者が徘徊をした際に伴うリスクはいくつかありますが、ここではしばしば発生する2つのケースとそれにGPS機能を持った商品がどのように対応するかについて紹介したいと思います。

徘徊により行方不明になるリスクに対応

1つはどこに行ったかがわかならなくなり、介護者は捜索に困難をきたすということです。
認知症高齢者は予期せぬタイミングで徘徊を始めます。
中にはしばらくしてから、自分で戻ってくる方もいますが、帰り道がわからなくなって保護をされたり、途中で事故に遭ったりすることもあります。
そういった意味でGPSが組み込まれた靴等は、本人の居場所をリアルタイムに把握でき、介護者にとってみたら心強いでしょう。

身元がわからないリスクに対応

2つ目は身元がわからないリスクです。
高齢者の徘徊が社会問題とされる中、住民の理解も高まってきています。
そのため、認知症と見られる高齢者が不審な行動をとっていると、手を差し伸べてくれる方々も多数おられます。
こういったケースは警察に保護をされることが大半ですが、本人の身元がわからず家に帰られなかったり、介護者等への連絡に時間がかかることが多々あります。
そのような際、身元特定に役立つQRコードシールが衣服等に貼られていると、親族等に迎えにきてもらう際に助かります。

このようにGPSやQRコードの活用など、ハイテク機器を利用した認知症対策商品は、高齢者の徘徊対策として、期待ができる要素が高いと思われます。

地域での見守りも引き続き重要に

一方で、少なからず課題も見受けられます。
それは、これらの徘徊対策機器も本人が身に付けていなければ効果が発揮されないことです。
靴・カバン・衣類等にGPSやQRコードを取り付けるなど、介護者側は様々な対策を講じますが、本人がそれを身に付けて外出をするとは限りません。
また、身に付けて外出をしたとしても、カバンや衣類等は外出先で紛失することもあり得ます(店内で上着を脱いで、忘れたまま店を出る)。
そういった意味では、「町でみかける不審な行動をとっている高齢者は徘徊している可能性もある」という私たちの意識の持ち方も引き続き大切になってくるかと思います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

中原 崇さん
社会福祉士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年8月21日 中島雅生さん
一級建築士
9万人の大工が不足する2020年問題とは? 
2020年には需要に対して9万人もの大工が不足する事態になると予想されています。なぜ大工人口は大幅に減少しているのでしょうか?その実情について現役の大工が解説します。
2019年7月31日 中原 崇さん
社会福祉士
共働きが当たり前の時代に心がけたい夫婦円満の秘訣について
共働きの広がりとともに、身の回りは便利なものが格段に増えました。便利な物も活用しながら夫婦間でコミュニケーションをとり、完璧な家庭生活から解放されることが、時には共働き夫婦に必要です。
2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月19日 笠原拓さん
システム開発者
パソコンが苦手な人の抵抗感を克服するにはどうすれば良いか?
パソコンが苦手で使うことに抵抗感を感じる方は多いですが、実は日常の中で何気なく使っているものでもITツールは多いのです。パソコンへの苦手意識をなくし使いこなすにはどうすればいいか、システムエンジニア出身が教えます。

テーマ