JIJICO

斉藤 典子さん

ビジュアルブランディングプロデューサー

今年の夏のおしゃれを楽しむためのファッション術

2017年5月11日

これから夏に向けて頭を悩ます衣替え

ゴールデンウィークはお天気が良くて、緑の色が鮮やかであまりにも気持ちがいいので早朝の静かな時間に散歩に出てみました。
朝とはいえ散歩にも日焼け止めが必須なほどの日差しが強く感じ、これから夏にむかってますます必須なアイテムです。

必須といえば、このお休み期間には「衣替えしましたー」とご連絡があちらこちらから入り、衣替えと一緒に同行ショッピングのご依頼や、揃えるアイテムのご相談も多くなります。
ファッション誌をめくっても、自分が着られるとは思えない~、みたいな(笑)。
そもそも、モデルさんのゴールデンプロポーションのバランスと自分では全然違うし、また30ー40代になってくると、体型も気になるところがでてきたり、子育て、仕事にとライフスタイルも様々になり、雑誌のお手本通りにいかないという気持ちもよくわかります。
でも、自分の心地よいものを着たい、おしゃれしたい、きれいでいたい、という乙女心は大事にしたいですよね。

今年の夏の流行ものは?

今年の夏も流行のものを取り入れながら、ちょっとおしゃれを楽しむコツといったらワイドパンツや袖に特徴のあるデザインのトップスやロングカーディガンのような羽織りものはいかがでしょうか?
またストライプのオーバーサイズのシャツやデニムもぜひ取り入れたい流行のアイテムのひとつです。
ただ全体的にシルエットにゆとりのあるものが多く、一歩間違えると太って見えたり、残念スタイリングにもなったりするので、ちょっとポイントチェックが必要ですね。

例えば今年の特徴のひとつに、ボトムスがハイウェストなものが挙げられます。
ついつい体型を隠したい・・そんな女性には「ラッキー!」なんてお声が時々あがりますが、体のシルエットが隠れる分、ちょっとバランスをチェックしましょうね。

「首、手首、足首」の3つの首が着こなしのポイントに

今年の流行のものも着こなしをする時に、やっぱり大事にしたのが「抜け感」ですね。
抜け感って、ちょっとナチュラル感や作りすぎない感というイメージで捉えている方も多いみたいですが、ここで言う抜け感はちょっと違います。
ここでの抜け感は「首、手首、足首」の3つの首がポイントになります。
この3つの首はもともと女性らしい魅せ方のキーポイントでもありますが、抜け感にも必須。

ここを全部隠してしまうと、今年流行の肩の落ちたオーバーサイズのシャツにロングのワイドパンツと着こなすとき、シャツも襟元まで止めてこの3ポイント全てを隠してしまうと、スタイルがファッションによって太って見えてしまいます。

今年のアイテムを綺麗に見せるファッション

また今年のアイテムを綺麗に見せるには、下半身をちょっと長く見せる、もしくは下半身のボリュームを短めに魅せる工夫をするとさらに着こなし上手に見えます。(トップスとボトムのバランスが1対1にならないように)。

例えば、背の低い方や下半身がちょっと気になる方が長めのワイドパンツをはくときに、丈は足首の見える短め丈のもので、シャツの袖をまくり、衿が少し後ろに抜けるようなデザインになっているシャツを選びます。
ここで「シャツなら持ってるよ~」と言って先日見せていただいたのが、いわゆるベーシックなストライプのシャツでした。
これだとシャツのデザイン自体が「抜け」てないので、ビジネススーツには合わせやすいけど、今年の夏ファッションとしてはお役不足でした。
オーバーシャツは、そもそものシルエットが、袖が短めだったり、袖口にデザイン加工がしてあることによって、手をきれいに見せてくれていたり、首が抜けるようなシルエットになっています。

シャツスタイルには、ぜひ今年のテイストのカットオフやブリーチデニム、フロントにダメージの入ったクラッシュデニムはいかがでしょうか?
またそのファッションにチャレンジする際にはヒールのある靴やどこかにパールのアクセサリーで合わせると大人のきれいな抜け感が作りやすいと思います。
ここにボーイズデニムを持ってくると、平均的な身長のバランスからして幼いカジュアルな印象になりやすいかもですね。

また全体の印象でいうと、カジュアルなもとに上品なものを組み合わせるといったようなイメージやテイストの違うものを合わせるのもおしゃれ上手に見せるポイント。
流行りのデニムジャケットにはワンピースやちょっと上品なカバンなどで合わせるとか、カジュアルなデニムパンツにパールのアクセサリーやヒールとか。
イメージミックスもぜひチャレンジしてほしいポイントですね。

このコラムを書いた専門家に質問できます

斉藤 典子さん
ビジュアルブランディングプロデューサー

無料で相談してみる

「美容・健康」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ