JIJICO

高橋 和子さん

整理収納・片づけプロモーター

急増中!高齢者の家庭内事故そのまま寝たきりになる危険性を防ぐには

2017年5月20日

高齢者の事故は住宅内で起きている

内閣府の高齢社会白書(2016年度版)によると、高齢者の事故発生の場所は、77%が住宅内との結果が報告されています。
住宅内のどこで事故が発生しているかと言うと、
1位…居室。2位…階段。3位…台所・食堂。
となっています。
安全なハズの屋内で、しかも危険性の少ないであろう居室で、一番事故が起きていることに疑問を持つ人も多いと思いますが、これが高齢になることと深く関連しているのです。

さらに調査結果では、事故のきっかけについても発表。
1位…転落30%。2位…転倒20%。3位…触る・接触する15%。となっています。
このきっかけから読み取れることは、高齢者は、階段の昇降時による転落が30%を占め、次にごく普通の歩行時における転倒が20%と多い事が。
調理器などの熱源に「さわる・接触する」15%と続いています。

高齢者は、体力や運動機能の低下で、単なる住宅内の歩行でも、事故に結びつきやすいことが分かります。
高齢者は今までの暮らし方や習慣のままでは、安全な生活ができなくなっているのです。
また、白書では高齢者の事故は家庭内で発生したものでも、骨折などの重篤化のリスクが高く、回復が遅れたり、骨折が原因で、寝たきりになる事例が報告されています。

整理整頓で、居室内の事故を防ごう

家庭の中の居間で事故が起こると仮定したシミュレーションをしてみましょう。
高齢になってくると、体力や気力の低下で、片づけが出来なくなります。
認知症の初めの段階でも、今までできていた片づけができなくなることが多く、床に物が置きっぱなしになり、積み上がった状態になります。
そして、運動機能や平衡感覚、体力そのものが弱っているので、そのような置きっぱなしのものにつまずき転倒してしまうのです。
ですから、高齢者の住居では整理整頓は必須です。

転倒危険箇所の片づけ方

転倒を避けるために、廊下や居室・トイレ周りの床に直置きしている物を全て片づけます。
チラシ1枚でも床に落ちていたら、滑って転倒してしまいますので、小さな物も見逃さずに片づけましょう。

ご家族の方が片づけを行う時に注意を払いたいのが、「捨てる」という言葉です。
高齢者は捨てると言う言葉に、過剰に反応する場合があります。
場合によっては、強行に反対することもありますので、「捨てるのではなく、つまずき転倒を防ぐために、別の場所に移動する」ことを明確に伝えましょう。
「捨てる」ではなく、「移動する」「収める」などの言葉に置き換えると、スムーズに進めることができます。
この時、危険な物や傷みの激しい物・腐っている物を発見したら、必ず本人に確認して捨てましょう。勝手に捨てるのはNGです。

移動した物は、使っていない場所に、収めることをおススメします。
床に直置きの物がなくなれば、物につまずくことを防げるのです。
片づけは、高齢者の安心安全のための第一歩。
併せて、手すりを付けたり、段差をなくすバリアフリー対策も家庭内事故を防ぐことに繋がりますので、必須と言えます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

高橋 和子さん
整理収納・片づけプロモーター

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年2月23日 砂田 嘉寿子さん
墓石アドバイザー
解決!アスクミー JIJICO
実家のお墓の悩み解決!お墓は引っ越しできる?故郷のお墓の見守り方
お墓の悩みが生まれる要因に、「故郷に残ったお墓の維持と管理」が難しくなることがあげられます。この問題にぶち当たったら考えたい解決方法を紹介します。
2018年2月21日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに伝えよう!スマホと上手に付き合うためのルール
スマホはとても便利な道具ですが、使い方を誤ると大変危険な道具になることを子ども達に伝え、子ども達が上手にスマホとつき合えるよう親として導くための使用ルールを考えます。
2018年2月20日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の買い替えのタイミングはいつ?どのような場合に?
あなたの布団は何年使用していますか?やぶけたり・へたりは大丈夫?布団の買い替え時期や状態の見極めポイントなどについて解説します。
2018年2月20日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
近所のゴミ屋敷、どう対応すればよい?法的な手段はとれるのか?
ゴミ屋敷条例のない地域にあるゴミ屋敷の近隣住民としては、町内会や自治体を通じて当の住民に働きかけてもらうしかありません。ただ、そもそもゴミ屋敷が生じる背景には、認知症、加齢による身体機能の低下や地域からの孤立などの問題が潜んでいるため、法的規制とは別に本人に寄り添った福祉的な支援が必要でしょう。

テーマ