JIJICO

永田 之子さん

マナー・コミュニケーション講師

学校や職場で良好な人間関係を築くために心がけておくこと

2017年5月23日

人はもともと人と仲良くなりたい生き物

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_m脳の本能には「生きたい」「知りたい」「人と仲良くなりたい」というものがあります。
もともと人は人と仲良くなりたいものです。
それを知るだけで何だか人付き合いの考え方が変わるような気がしませんか?
そこに人間としての大きな可能性を感じます。
「幸せは必ず人が運んできてくれるもの」これは人生の大切な教え。
だから幸せになりたかったら祈るのではなく、人に好かれる人になれば良いのです。

好意をもたれるためにはまず自分が相手を好きになること

それではどうしたら人に好かれるようになるのでしょうか?
答えはあなたが相手を先に好きになることです。
「相手が好きになってくれたら私も・・・」などと優雅に考えていたら誰も声をかけてきません。
小学校の頃にクラス替えがあって待っていたけど誰も声をかけてくれなかったあの時と同じです。
だから人に好かれたかったらとにかく目の前にいる人を好きになること。
頑張って好きになるスイッチを入れるのです。
そして顔には笑顔を浮かべ自分から声をかけます。
そうすると相手は「私のことが好きなのね」と思ってくれます。
人は自分が好きな人を好きなりたい…と言う心理があるので、そうすることで限りなく相手の心をつかむことができるのです。

また、相手に接する時には笑顔でいることも重要です
なぜならば、あなたが笑うと相手も笑うからです。
あなたの顔が笑っているから相手は安心してつられて笑ってしまうのです。
そう考えると全て相手はあなたの鏡であったことがわかりますね。

相手に好かれる話し方

それでは話す時にも好かれる方法があるのでしょうか?
あります。
自分の話しをする人より、聴いてくれる人を人は好きになります。
人は自分の話しを聞いてほしいという切望を持っています。
だから話を聞いてくれる人を探しているのです。
そういう人にあなたがなればきっと好かれます。
聴き上手になればよいということですね。

良好な人間関係構築のために一番大切なこと

人間関係を良好にするには一にも二にも人に好かれること!
人に好かれるためには・・・相手が欲しい物、要求している事、ものを観察し、できる限り集めて提供します。
そして会話をする時にはあなたがしたい話しをするのではなく、相手がしたい話しをいっぱいさせてあげる。
満面の笑顔を添えて・・・。ということになります。

でも「そんなに相手仕様な人生なんて私の人生じゃないわ」と言う声が聞こえてきそうですね。
でも大丈夫。
幸せは必ず人が運んできてくれるもの。
あなたから心からのおもてなしを受けた人たちはあなたにどんな感情を持っているでしょうか?
そんな人たちがいずれ沢山の幸せを笑顔と共にあなたに返す日が来ないと思うほうが不自然ではないでしょうか?
「幸せは必ず人が運んできてくれるもの」この先人の教えは私たちに謙虚に生きることと、人間関係こそが人生の要であるということを教えてくれています。

専門家に相談してみよう!

永田 之子さん
マナー・コミュニケーション講師

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年9月22日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
「自転車保険」義務化への動き 事故への備えはしていますか?
自転車事故の増加により各自治体で自転車保険の加入を義務付ける動きが出ています。どういった保険に入る必要があるか、今後の予想される流れなどを弁護士が解説します。
2017年9月22日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
マンション管理をどう見抜く?購入前の確認と管理会社の選び方
資産価値にも大きな影響を与えるマンション管理。購入前のチェックポイントと、購入後の管理会社の選び方、所有者としてのあるべき姿勢とは?
2017年9月21日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
第一印象の重要性。第一印象はたった7秒で決まる?
第一印象の重要性が注目されて久しいが、第一印象に大きく影響するのは見た目です。良い印象を与える見た目作りを2つのステップで考えましょう。
2017年9月21日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?
衆議院解散の際は、そこに大義があるのか否かを含めてこれまでの政権の有り方が問われ、あるいは今後の我が国のあり方を占う重大な選挙となることは間違いありません。

テーマ