JIJICO

長井美有紀さん

ビューティーフードアドバイザー、マーケティングスペシャリスト

スーパーフードの次は「グリーンフード」美容や健康に良いその魅力は?

2017年5月24日

「スーパーフード」の次は「グリーンフード」!?

ココナッツオイルをはじめ、キヌアやチアシードなど“スーパーフード”と呼ばれるものが、2015年ごろから日本でも話題になってきました。
スーパーフードというものには実際のところ定義がなく、特に日本では、栄養価に優れ、美容や健康に良い“珍しい”ものということで理解が浸透しているように思います。
そのような形でいわゆるスーパーフードは少しずつ市場に定着してきましたが、最近次なるカテゴリーが登場しました。
それが「グリーンフード」です。

次世代食材「グリーンフード」とは?

3ab5ff82d21a2f5499e209c25f590b75_m「グリーンフード」とは、古来よりスーパーフードの部類とされてきました。
俗にいう“スーパーフード”とは異なり、私が提唱している「ビューティーフード」の一種といえます。
“Green(グリーン)”という言葉は、兼ねてから環境やナチュラル&オーガニックの分野で言われてきた言葉です。
“グリーンフード”とは、植物由来原料で、抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれ、またカロリーも低く食物繊維も豊富な食材といわれています。
文字通り“グリーン”の野菜のほか、藻類では“スーパーフード”として話題になったスピルリナや、アスタキサンチンなどの海洋植物も含まれます。

米国の美容・健康業界の独自調査によれば、各専門誌が植物由来原料への注目を指摘していることから、こういった植物由来の原料が多く求められてきた時代になってきたのではないでしょうか。
そしてそれに加え、これらの食材がいかに環境に配慮されているか、というのも大切なポイントになります。
世界や日本の大手企業でも、環境に配慮する施策があるかどうかが、いまや最先端な企業として見られるようになってきていますが、美容・健康業界も例外ではないのです。

アメリカでは、野菜や果物を積極的に摂取しようとする層を、その摂取頻度や内容によって、ビーガンやベジタリアン、“フレキシタリアン”と言います。
彼らはもともと、植物由来原料の食材を求めること以外にも、すでに環境やサステナビリティに配慮しているかどうかの視点をもっているケースが多いです。

美容でもグリーンのカテゴリーが注目 「Green Beauty」とは?

グリーンは美容(コスメ)との関わりでも注目されています。
Greenという言葉が先進国であるアメリカでは、「Green Beauty(グリーン・ビューティー)」という新たなカテゴリーも登場しました。
グリーン・ビューティーとは、ビーガンやグルテンフリーの食習慣を送るだけではなく、ナチュラルコスメであること、また原材料などが“自然に戻る”・“原点に顧みる”という要素があるということ、が挙げられます。
まず、ナチュラル&オーガニック原料を採用したものである、ということが前提になります。
欧米では、‘ナチュラル’や‘オーガニック’で区切ることなく、“ナチュラル&オーガニック”という言葉が浸透しています。
日本では“オーガニックコスメ”という言葉が独り歩きしており、その定義を一言で表すのは大変難しいですが、ナチュラル&オーガニックな原料を多く使ったコスメということができ、原料の安全性のみならず、同様の視点で環境への配慮が求められるものだと考えます。

アメリカでは、全人種の肌質に合う、エコで環境に優しい、高品質で自然派製品が特に30~40歳代に多く好まれている傾向にあります。
SNSや口コミなど、リアルな声によるPR力を頼りに、原材料の透明性や、グリーン・ビューティーな製品を購入することでその一部が非営利団体や社会活動へ寄付されることなど、環境や社会貢献への観点から持続可能な(サステナブルな)企業であることが、惹かれる要素となっています。

グリーン・ビューティーの中には、商品がどこで、どのような製造方法を取っているか等の情報を共有することで、顧客信頼度を得るようにしている企業も多くあります。
美容のみならず、このような視点が食でも多く求められ、インナービューティーの原点回帰として浸透していくのではないでしょうか。

身近な食材で簡単!「グリーンフード」を摂り入れよう

「グリーンフード」は、環境に配慮した緑の野菜や藻類でしたね。
ナチュラル&オーガニックにこだわった葉物野菜などを使った“グリーンスムージー”や、もずく酢などをメニューに追加するなど、身近な食材から簡単に摂り入れることが可能です。
もずくなど海藻については、オーガニックと言うのが一概に難しいのですが、海藻の生育を妨げない生物多様性を意識した採取をしているかどうか、というのを少し考えてみるだけでもいいかもしれません。
こういった小さな思いが持続可能な社会を作っていくものだと私は思います。

専門家に相談してみよう!

長井美有紀さん
ビューティーフードアドバイザー、マーケティングスペシャリスト

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。
2017年8月13日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
ビットコインの分裂と仮想通貨の今後
ビットコイン分裂は分権的な仮想通貨の課題を提示しました。テクノロジーが注目される仮想通貨も内部崩壊の危機があります。
2017年8月12日 屋形 武史さん
住宅コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパート増加の背景と問題点について
相続税対策などの理由から賃貸アパート建築が増加中。人口減が続いている日本において、需要予測や立地条件を見極めないと、後々空室率悪化に悩むことに。
2017年8月11日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
シルバー民主主義は日本をどのように変えていくのか?
シルバー民主主義を単なる高齢世代による衆愚政治といったレベルで捉えるのではなく、民主主義と資本主義が抱える本質的課題であると理解する必要があります。
2017年8月10日 花岡 正敬さん
理学療法士・柔道整復師
解決!アスクミー JIJICO
背中丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く!「良い座り方」とは?
骨盤を後ろに倒し背中を丸めたいわゆる「悪い座り方」を長く続けると、肩こりや腰痛などの痛み、頭痛や睡眠障害や集中力の低下などにもつながります。

テーマ