JIJICO

西尾 浩良さん

心理カウンセラー

笑いの効能 ガン治療にも注目されているのはなぜ?

2017年6月4日

心と体には密接な関係がある

古くから「心身相関」と言って、人の心と体には密接な関係があることは知られていました。
これは幸福や安心・満足・達成感などのプラスの感情を感じると、体には肯定的な生体反応が起こり、逆に不安や怒り・不満などのマイナス感情を感じると、否定的な生体反応が起こるというものです

「笑い」が体に良い影響を及ぼすことが多数の研究で判明

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_m近年、医学や生理学・免疫学などの発達に伴って、この心と体の関係は以前にも増して科学的に証明され始め、その中でも「笑い」という感情表現が我々の体に良い影響を及ぼすという研究が多数行われ注目を集めています。

例えば、20名ほどの糖尿病患者に食事をとってもらった後、初日は退屈な講義を聞いてもらい、二日目は漫才を鑑賞してもらって食後血糖値を測ったところ、漫才を聞いて大笑いした後の方が初日の講義を聞いた後に比べて、血糖値の上昇は60%ほどに抑えられていたそうです。

また同じようにして、がん細胞や体内に侵入したウィルスなどを抑制する免疫細胞「NK(ナチュラルキラー)細胞」を測ったところ、漫才を聞いた後は、もともとNK細胞の働きが高い人は低くなり、低めの人は高くなって適正な状態になっていたとのことです。

今年の4月には大阪国際がんセンターが、笑いががん患者の免疫機能や生活の質(QOL)に与える影響を医学的に検証することを発表しており研究成果が期待されています。

私どものカウンセリングルームを訪れるクライエントの中には、心因性疼痛(体の機能に異常が見られないのに痛みが起こる)でお悩みの方がおられますが、こういった方も普段は朝から寝るまで痛みが続くのに、自分が好きな趣味に没頭している時や、何でも話せる古くからの友人と昔話で盛り上がり大笑いをしている時などは痛みを忘れていると話されることがあります。

笑うことはなぜ体に良いのか

これらのように、笑うことには我々の体に良い影響があることは広く知られるところですが、そもそも人はなぜ笑うのでしょうか。
「笑い」は人の感情表現の一つです。
面白い・楽しい・嬉しい、といった感情を感じると自然に起こるものですが、この笑いが起こる理由を哲学者のショーペンハウアーは、その人が持つ「概念」と「現実」の不一致(ズレ)が起こりその表現として笑いが起こると言っています。

例えばTVの番組でアナウンサーがニュースを読んでいる時、誰でもわかるような漢字を間違えて、とんでもない読み方をしてしまった時には思わず笑ってしまうでしょう。
これは、アナウンサーはニュースを正確に伝える専門家で、漢字を間違えることはありえないという「概念」と読み間違えたという「現実」にズレが起こったためです。
また、普段無口であまり感情表現をしない彼氏から、誕生日にいきなり花束をプレゼントされたら、女性は思わず笑顔になるでしょう。
これも女性が彼氏に対して持っている「概念」と目の前の「現実」にズレが起こった結果です。

このようにして「笑い」は起こるのですが、「現実」は不変でも「概念」は経験と共に変化します。
初めてアナウンサーの失敗を見た時にはとても面白く感じても、何度か同じ場面に遭遇するたびに、「アナウンサーも人間だから間違うことはある」という学習が行われ、ズレが小さくなるのです。
前出の彼氏も誕生日のたびに同じことをしていたら、そのズレは普通のことになってしまうでしょう(もちろん嬉しいことには違いないでしょうが)。

笑顔を絶やさず身も心も健康に過ごしましょう

当たり前のことですが、経験は年齢と共に多くなります。
若い女性を「箸が転んでもおかしい年頃」と表現しますが、それは経験が少ないがために「現実」とのズレを感じる機会が多くなるからでしょう。
逆に年齢を重ねるたびにズレが少なくなり「笑い」は少なくなりそうです。

しかし周りを見渡すと、私と同年代でもいつも明るく笑顔の絶えない方が大勢おられます。
そういった方々を見てみると一様に好奇心旺盛で、行動力があり、経験したことのない「現実」に触れることを恐れない人が多い様に感じます。
日々の暮らしの中で仕事が忙しく休日は家で身体を休めるだけといった毎日を送る方も多いと思いますが、日々が大変だからこそ休日には新しい「現実」に触れる機会をもうけて、「笑い」を絶やさないことで心も体も健康に過ごすことを考えてみてはどうでしょうか。

このコラムを書いた専門家に質問できます

西尾 浩良さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ