JIJICO

河野 晃さん

弁護士

消費者庁が高校生向けの消費者教育用冊子「社会への扉」を作成 

2017年6月6日

消費者庁作成の消費者教育用冊子「社会への扉」とは?

ネットショッピングやカードでの支払いなどで高校生が巻き込まれることが増えてきたことをふまえ、消費者庁は消費者教育用冊子「社会への扉」を作成しました。
内容を確認してみましたが、絵や漫画を散りばめながら、クイズ形式で理解を深めるようなもので、なかなか良くできているなあと感心しました。

消費者トラブルの基本は押さえられているように感じましたし、高校生を中心とした若年者でも「とりあえず、こういった場合には消費者センターに電話してみればいいのか」ということは理解できると思います。
特に、若年者にあり得そうな未成年取り消しやクーリングオフのことを詳しく記載されていることや、ネットショッピングの落とし穴について解説している点はいいなと思いました。

消費者トラブルに巻き込まれる若年者の増加が背景に

消費者庁のこういった取り組みの背景には、特に近年、若年者が消費者トラブルに巻き込まれがちであるという社会的な状況があります。
ネットが普及し、昔とは比べものにならないくらい情報が飛び交っているこのご時世ですから、筆者が子どものころからは考えられないくらい、今時の子は色んな事を知っていますし、反面、悪の手が忍び寄りやすいともいえます。

教育の場で活用される機会がなければ意味がない

ご紹介した「社会への扉」やそれに付随する解説などは、非常に有益な内容を含んでいますが、実際に教育の場でこれらを活用する機会がなければ意味がありません。
現在、各都道府県でも、消費者問題に関する講義などを行おうと推進されている傾向にありますが、まだまだ不十分と言わざるを得ません。
また、一部の高校などの授業でこういった問題が取り扱われているとしても、高校に進学せずに社会に出る人にとってはそれに触れる機会はありません。

高校だけではなく、義務教育である小学校、中学校などでも、より簡単な内容になるとは思いますが、将来を見据えて意識付けをするためにも、こういった生活に密着した授業を取り入れるということが重要になってくるのではないかと思います。
国語や算数などもいいですが、子どもたちが必ずなる「消費者」ということについて、子どものうちから勉強することで、将来、消費者トラブルに巻き込まれる人が減るのではないかと思います。

専門家に相談してみよう!

河野 晃さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年9月22日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
「自転車保険」義務化への動き 事故への備えはしていますか?
自転車事故の増加により各自治体で自転車保険の加入を義務付ける動きが出ています。どういった保険に入る必要があるか、今後の予想される流れなどを弁護士が解説します。
2017年9月22日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
マンション管理をどう見抜く?購入前の確認と管理会社の選び方
資産価値にも大きな影響を与えるマンション管理。購入前のチェックポイントと、購入後の管理会社の選び方、所有者としてのあるべき姿勢とは?
2017年9月21日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
第一印象の重要性。第一印象はたった7秒で決まる?
第一印象の重要性が注目されて久しいが、第一印象に大きく影響するのは見た目です。良い印象を与える見た目作りを2つのステップで考えましょう。
2017年9月21日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?
衆議院解散の際は、そこに大義があるのか否かを含めてこれまでの政権の有り方が問われ、あるいは今後の我が国のあり方を占う重大な選挙となることは間違いありません。

テーマ