JIJICO

末次 祐治さん

ファイナンシャルプランナー

晩婚化や出産の高齢化で老後破産? 老後資金を準備する心構えとは?

2017年6月9日

自分の家庭に合った資金計画を立て「見える化」する

3316c7145f3e3ee3d4d890fee69f17b8_m近年、晩婚化やそれに伴う出産の高齢化で、将来の資金計画に不安を抱えている人も少なくありません。
人生の3大資金である、「住宅・教育・老後」と生きていく上で当然ですがお金がかかります。
この中でも住宅や教育は、職業や家庭環境また価値観などで変わってくるので、人それぞれというところもありますが、老後資金においては、万が一なければ誰でも老後をむかえますので、やはり早い時期からの計画的な準備と行動が必要になってきます。
この人生3大資金の中で、老後資金だけはローンがありませんので、計画的に準備しないと最悪は、「老後破産」になるかもしれません。

資金計画とは、収支のバランスをみて数字を紙に落としこむ作業で、家計簿をつけている方は、月単位で資金管理を行っているともいえます。
家族の年齢、お子様の学校入学などイベント事、自動車や電化製品の買い替え、家族旅行に趣味まで、今からの人生でのイベントを思いつくまで上げて、時期も明確にしていきます。
企業でいえば中期・長期経営目標を立てることと同じです。
そうすることで前もって、将来の資金計画があれば事前に準備する方法や対策を考えることが容易になるので、安心した老後の生活ができるようにまずは、資金計画を立ててもらいたいです。
結果的に、現状の把握をすれば緻密な計画を立てやすくなり、立てた資金計画で将来の夢の実現が可能になると思います。

資産運用の前に資産形成を

資金計画を立てれば、実行していくことになりますが、特に老後資金は、住宅や教育資金に比べ先の資金なので、どうしても後回しになりがちで、実際は何も対策ができていない方もいます。
そのような方には、資産運用の前の資産形成が大事になってきます。
毎月強制的にお金を積み立てる仕組みが重要なのです。

例えば、会社の財形貯蓄や個人型確定拠出年金(iDeCo)などを使って、積立てを行うやり方です。
今みたいに低金利だと、「お金に働かせましょう!」ということで資本所得も大事ですが、まずは労働収入から確実に減らないような資産形成をやることが先決ではないでしょうか? 
実際私がコンサルをしている中で、「金融機関から運用商品を勧められ、投資信託を購入しましたが、実は目減りしていて、困っています!」というような話を聞きますが、余裕資金の一部ならまだいいかもしれませんが、ファイナンシャル・プランナー(FP)として、老後の経済的な不安を少しでも軽減しようということで行動することはいいのですが、やり方と選択が違っていたと言わざるを得ません。
毎月のコツコツ積立てる「フロー積立て」とある程度一定の余裕資金での運用の「ストック運用」は切り離して考えた方が賢明です。

家族での話し合いも重要

老後資金は、確かに必要な資金で、すべての人に共通する要素です。
ただ、晩婚化や出産での高齢化で、自分の収入が減ってきた時期にお子様の教育資金がかさんだり、健康上の事由で高額な医療費がかかったり、さらには、両親の介護で出費が重なったりと年齢的には色々な出費が多くなります。
思わぬ出費がかさなれば、精神的にもつらく、楽しくありません。
ですから、「老後資金はいくら必要」とか金額に左右されず、自分なりのお金に対しての定義を家族で話し合い共有しておくことが大事だと思うのです。
お金は生活するための手段ですから、あったことに越したことないですが、人それぞれ価値観によっての「幸福の定義」は異なります。
老後は、田舎でのんびり自家菜園をしながら暮らすなど、なるべくお金をかけないようにして生活をすることも可能でしょう。
資金計画をつくって、数字の確認をすると同時に老後の生き方をどうしたいか? という想いの確認「数字と想い」両方の確認をお子様も一緒になって話し合い、共有できたら、その時点ですでに幸せを感じるのではないでしょうか?

このコラムを書いた専門家に質問できます

末次 祐治さん
ファイナンシャルプランナー

無料で相談してみる

「お金」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ