JIJICO

末次 祐治さん

ファイナンシャルプランナー

晩婚化や出産の高齢化で老後破産? 老後資金を準備する心構えとは?

2017年6月9日

自分の家庭に合った資金計画を立て「見える化」する

3316c7145f3e3ee3d4d890fee69f17b8_m近年、晩婚化やそれに伴う出産の高齢化で、将来の資金計画に不安を抱えている人も少なくありません。
人生の3大資金である、「住宅・教育・老後」と生きていく上で当然ですがお金がかかります。
この中でも住宅や教育は、職業や家庭環境また価値観などで変わってくるので、人それぞれというところもありますが、老後資金においては、万が一なければ誰でも老後をむかえますので、やはり早い時期からの計画的な準備と行動が必要になってきます。
この人生3大資金の中で、老後資金だけはローンがありませんので、計画的に準備しないと最悪は、「老後破産」になるかもしれません。

資金計画とは、収支のバランスをみて数字を紙に落としこむ作業で、家計簿をつけている方は、月単位で資金管理を行っているともいえます。
家族の年齢、お子様の学校入学などイベント事、自動車や電化製品の買い替え、家族旅行に趣味まで、今からの人生でのイベントを思いつくまで上げて、時期も明確にしていきます。
企業でいえば中期・長期経営目標を立てることと同じです。
そうすることで前もって、将来の資金計画があれば事前に準備する方法や対策を考えることが容易になるので、安心した老後の生活ができるようにまずは、資金計画を立ててもらいたいです。
結果的に、現状の把握をすれば緻密な計画を立てやすくなり、立てた資金計画で将来の夢の実現が可能になると思います。

資産運用の前に資産形成を

資金計画を立てれば、実行していくことになりますが、特に老後資金は、住宅や教育資金に比べ先の資金なので、どうしても後回しになりがちで、実際は何も対策ができていない方もいます。
そのような方には、資産運用の前の資産形成が大事になってきます。
毎月強制的にお金を積み立てる仕組みが重要なのです。

例えば、会社の財形貯蓄や個人型確定拠出年金(iDeCo)などを使って、積立てを行うやり方です。
今みたいに低金利だと、「お金に働かせましょう!」ということで資本所得も大事ですが、まずは労働収入から確実に減らないような資産形成をやることが先決ではないでしょうか? 
実際私がコンサルをしている中で、「金融機関から運用商品を勧められ、投資信託を購入しましたが、実は目減りしていて、困っています!」というような話を聞きますが、余裕資金の一部ならまだいいかもしれませんが、ファイナンシャル・プランナー(FP)として、老後の経済的な不安を少しでも軽減しようということで行動することはいいのですが、やり方と選択が違っていたと言わざるを得ません。
毎月のコツコツ積立てる「フロー積立て」とある程度一定の余裕資金での運用の「ストック運用」は切り離して考えた方が賢明です。

家族での話し合いも重要

老後資金は、確かに必要な資金で、すべての人に共通する要素です。
ただ、晩婚化や出産での高齢化で、自分の収入が減ってきた時期にお子様の教育資金がかさんだり、健康上の事由で高額な医療費がかかったり、さらには、両親の介護で出費が重なったりと年齢的には色々な出費が多くなります。
思わぬ出費がかさなれば、精神的にもつらく、楽しくありません。
ですから、「老後資金はいくら必要」とか金額に左右されず、自分なりのお金に対しての定義を家族で話し合い共有しておくことが大事だと思うのです。
お金は生活するための手段ですから、あったことに越したことないですが、人それぞれ価値観によっての「幸福の定義」は異なります。
老後は、田舎でのんびり自家菜園をしながら暮らすなど、なるべくお金をかけないようにして生活をすることも可能でしょう。
資金計画をつくって、数字の確認をすると同時に老後の生き方をどうしたいか? という想いの確認「数字と想い」両方の確認をお子様も一緒になって話し合い、共有できたら、その時点ですでに幸せを感じるのではないでしょうか?

専門家に相談してみよう!

末次 祐治さん
ファイナンシャルプランナー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「お金」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ