JIJICO

松本 孝一さん

介護事業コンサルタント

孤独死が増加する中、「安心して旅立つ」ために今しておくことは

2017年6月16日

誰にでも訪れる「死」。大往生が減り、孤独死が増加する傾向

超高齢化を迎える日本。
それに伴い核家族化が進み、未婚や死別による独居高齢者も増えてきています。
その人たちにも必ず訪れる「死」。
最近は、子供達や親戚などに囲まれた「絵に描いた様な大往生」が減り「孤独死」が増加傾向にあります。
見守る家族がいたにも関わらず、孤独な最期を迎えてしまい後悔する家族も少なくありません。
しかし、必ずしもひとりで死ぬことが寂しいとは限りません。
逆に人生に満足して安心して旅立つ人も多いと考えられています。

「天涯孤独の最期」で死ぬことは、回避できる

もともと一人で生活している方なら、ひとりで死ぬことは覚悟されている方も少なくはありません。
また、家族と生活していて付き添っていても、目を離した瞬間に亡くなっていたという可能性もあります。
誰かと一緒に死ぬということは不可能であり、最期はひとりで旅立つことになると考えていた方が良いのかもしれません。
すなわち、愛する人の最期に必ず立ち会える保証はないので、「ひとりで死なせてしまった」と後悔する必要はないのです。
ただ、全く誰とも縁がないとか「天涯孤独の最期」は悲しい最期であり、生きているうちに自分の努力である程度回避できるのではないでしょうか?
つまり、誰かと関わり、縁をつなぐ生き方をすることで、一人でも二人でも関わりのある人を増やせば孤独の最期を回避できる可能性があると思われます。

「安心して旅立つ」ために今しておくこと

人が最期を迎える場所は、これまでは病院や施設が多かったのですが、これからは、自宅(在宅)で迎えることが増えてくると考えられます。
これは、医療や介護の体制によるものだけでなく、その人自身が、どのように最期を迎えるか?という選択がなされる時代へ変化してきているということです。
すなわち、医療の進歩により容易に死ねない時代となってきているので、その人が、どこで生きてどこで死ぬのかを、具体的に考え決定できるような環境になってきたということです。

私が携わる介護業界だけでも、在宅支援(看取り介護など)の充実化が図られ、個人(家族)の選択で様々な最期を迎えるサポート体制を実施することができるようになりました。
しかし、まだまだ課題があるのですが、この仕組みこそが、孤独の方への「縁」となりうるのかもしれません。
また、この仕組みこそが「孤独死」の増加を防ぐことに繋がるようになることを目指しています。

私たちは、いつ死を迎えるかわかりません。
その時が迫ってから「孤独で死にたくない」「誰かに看取って欲しい」と言っても手遅れになってしまいます。
ということは、今のうちに「死から目をそらさず」時間を共有できる相手を見つけることが必要であり、その相手は家族だけでなく、様々な関わりにおいて、共有できる相手を見つけることができるのです。
そうすれは、人生に満足して「安心して旅立つ」ことができるのかもしれません。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

松本 孝一さん
介護事業コンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年6月8日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?
美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ