JIJICO

金子 清隆さん

ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

多発する中高生のサイバー犯罪-誰でも起こせるのか?

2017年6月21日

国内初のランサムウェア作成の容疑者は中学生

先日、ランサムウェアを作成した男子中学生が逮捕されたことが報道されました。
この報道では国内で初めてのランサムウェア作成容疑で逮捕されたのが未成年者である中学生ということで話題となりました。
この中学生は自宅で作成したランサムウェアを、海外サイトに誰でも入手可能な状態で公開しました。
このランサムウェアによる被害報告はされていませんが、「100人以上がダウンロードした」という供述もあったようです。
この中学生は犯行の動機について「知名度を上げたかった」と話しており、ランサムウェア作成をほのめかすTwitterへの投稿をサイバーパトロールで発見したことから犯行が発覚したということです。

未成年者によるサイバー犯罪が多発

近年、中高生を含む未成年者によるサイバー犯罪が何度も話題になっています。
例えば、某出版社Webサイトへの不正アクセス容疑で逮捕された少年がランサムウェアを作成していたため、日本初のランサムウェアを作成したのは未成年者ということで話題になりました。
また、教育情報システムに不正アクセスして職員・生徒の個人情報や生徒の成績等を入手した少年に関する報道もありました。

経済産業省等が毎年公表する「不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況」の最新版では、不正アクセス禁止法違反の被疑者を年齢層別で見ると、過去5年連続で14~19歳の未成年者が最も多く、2016年では被疑者200名中62名、およそ3割が未成年者でした。

中高生のスキルが高いのではなく、情報入手に長けているだけ

それでは、サイバー犯罪を行うスキルを持つ中高生が多いのでしょうか。
トレンドマイクロ社が今回の中学生が作成したランサムウェアを分析したところ、感染したPCのファイルを暗号化し、脅迫文を表示する、等のランサムウェアとしての機能は一通り備えていますが、暗号化するための鍵を生成するコードは海外サイトで公開されているサンプルコードと同一であり、暗号化対象も限定され、暗号化手法も稚拙で身代金を払わずとも復号することが容易だとしています。

つまり、今回の事件に関しては逮捕された中学生に特段高いスキルがあるわけではなく、インターネット上から必要な情報を取得し、日本語化等の多少の修正を行った程度に過ぎなかったということです。
上記の教育情報システムに不正アクセスした少年もインターネット上のツールなどを利用して犯行を行っています。
以上から、今回も含め、サイバー犯罪を行う中高生の多くはスキルレベルが高いわけではなく、せいぜいインターネット上の情報検索やその利用に長けている程度だと考えられます。

ITモラル教育の必要性

インターネット上にはサイバー犯罪に利用できるツールや情報が散在しており、未成年でも入手可能なので、年齢に関係なく誰でもサイバー犯罪を行えます。
最近ではこうしたツールやサービスを取引できるアンダーグラウンド市場も存在し、サイバー犯罪を行う技術的ハードルは低下しています。

サイバー犯罪は物を盗む、人を傷つける、といった物理的行為が伴わないため、犯罪を行うという意識が希薄になりがちです。
特に未成年の場合はその傾向が強いでしょう。
現代の子供たちは幼い頃からインターネットに触れていますが、サイバー空間での不適切な行為を教わったり、止められたりする機会はありません。
むしろ仲間の中では「かっこいい」と称賛されることもあります。
現在、学校ではIT教育に力を入れていますが、知識やスキルだけではなく、サイバー空間でやってはいけないことなどのITモラルに関する教育にも力を入れるべきだと考えます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ