JIJICO

諌山 正典さん

歯科医師

80歳でも歯ますます元気に!いつまでも健康な歯を保つためには?

2017年6月23日

80歳で自分の歯が20本以上ある人の割合が半数超えに

80歳で自分の歯が20本以上ある人の割合が半数を超えたことが、厚生労働省の調査で分かったそうです。健康やQOL(クオリティー・オブ・ライフ:生活品質)の向上に関心が高まった証拠だと考えて良いと思います。

人間はいつか死を迎えるのがさだめですが、死ぬまでは生きているわけですから、ギリギリまで質の高い人生を送りたいものです。その為に、お口の健康状態を保つことは大変有意義なことで、その気になれば可能なことでもあります。

お口は他の臓器と違って、自分の意志と行動によって、良好な状態を保てる可能性の高い所だからです。では、その為に大切なことを何点か述べてみましょう。

お口を清潔に!

何よりも一番大切なことは、お口を清潔保つこと。清潔にとは、お口の中の隅から隅までの歯垢(プラーク)を一日に一回、確実に壊すことです。

歯垢(プラーク)とは、実は約1000分の1ミリの細菌が寄り集まった集合体なのです。その歯垢を取り除く為の掃除がキチンとできるように、自分のお口の清掃法を歯科衛生士さんに習い、技術を習得して、それを毎日習慣化してやり続けることが重要です。

かみ合わせを正常に!

虫歯や歯周病になるのは、歯垢(プラーク)だけが原因ではありません。実はかみ合わせのバランスが崩れていても、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。

それだけでなく、咬み合わせが悪いと、上手に食事が摂れなかったり、歯がすり減ったり、歯並びが悪くなったり、顎関節に異常をきたしたり、とにかく色んな悪影響がお口の内外に出てきます。

それを防ぐ為にも、かみ合わせをキチンと診てもらえる歯科医院にかかって、かみ合わせのバランスを常にチェックしておかれることをお勧めします。

堅いものを咬み過ぎず、でも回数多く咬んで!

歯も長く使い続けると消耗します。いくら歯が丈夫だからといって、極端に堅いものばかりを食べていると、当然、歯は傷みやすくなってきます。

しかし、咬むという行為は、頬っぺたの筋肉を動かして、脳の血流量を増やす働きをするとも言われています。だから、同じご飯を食べる時も、一口30回くらい咀嚼するようにするのが、お口の筋肉の運動にもなり、脳の血流も増えるので、大変お勧めです。

顔の凝りをほぐすために体操とストレッチを!

実は顔の筋肉も肩などと同じように凝るということをご存知でしょうか?筋肉は同じ向きの動きばかりを繰り返すと凝り固まる性質があります。だから、お口の筋肉も噛みしめるばかりではなく、時には大きくお口を開けて、筋繊維をストレッチする必要があるのです。

また、すでに凝ってしまっている部位は、筋繊維にそってさするようにマッサージするのも凝りの解消に効果的です。

免疫力を高める為に、全身の健康にも気を付けて!

お口の中は、実は、全身の中で最も細菌の質が豊富で、量も多い場所だということを知っている人は意外に少ないのが現実です。そんな口の中は免疫系が最も働いている場所でもあり、常に目に見えない細菌と免疫細胞の攻防が繰り広げられています。

その為、全身の健康状態が悪くなり、免疫力が落ちると、それまで抑え込まれていたお口の中の病気が表に出て来ることも少なくありません。

やはり、お口も全身の一部です。80歳で20本の歯を残す為には、全身レベルの健康にも気を配り、良質な睡眠、良質な食事、適度な運動、メンタルヘルスの充実を心がけて、健やかな毎日をお過ごしになることが大事かと思われます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

諌山 正典さん
歯科医師

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ