JIJICO

安藤 ゆかりさん

研修講師・キャリアコンサルタント

空前の転職活況! だが誰でも同じく「売り手市場」か?

2017年6月30日

活況を呈する転職市場

3年ほど前から企業の採用熱はヒートアップし続け、冷める気配が見えません。
それは大学新卒者に限らず、転職市場も同様のようです。
同僚たちが転職の可能性を話しているのを、そわそわした気持ちで聞いている人が、沢山いることでしょう。
実際、筆者の就職相談窓口へも、土曜日ごとに、転職相談を希望される方々がたくさん来られます。

そういった転職相談の人の多くは、一般事務職や営業職の方です。
転職理由は大きく2つあり、たいていはその2つが重なっています。
理由1「長時間の残業や休日出勤が日常的になっているが、正しい手当ての支払いが無い」というもの。
理由2「社内の人間関係、特に直属の上司との関係が悪い」というものです。
この2つの理由の内、どちらか一方でも「悪くはない」という条件があれば、人は簡単に転職を希望しません。
この2つの理由が両方存在するときに、「これ以上この会社で頑張る理由がない」と考えるようになります。
しかしこのタイプの方は、自分に特別な技術をもたず、転職先を考えるにしても、今と同じような職種を選択するしかない、という人が一般的です。
ここに、転職希望者の落とし穴があるのです。

転職者向けの求人倍率が高い業界は?

企業の採用熱が高い、と言いましたが、企業が出している求人情報には、明確な傾向が見て取れます。
その傾向をまとめた一例が、転職支援サービスのDODAから発表されています。
その内容を抜粋すると次の通りです。

転職者向けの求人倍率が高い業界順に、①IT・通信業 5.90倍 ②接客サービス業 2.93倍 ③メディア業 2.72倍 となっており、以下、医療サービス業 2.55倍 メーカー 1.74倍などとなっています。
また職種別に見ると、①IT技術職 7.62倍 ②専門職 5.17倍 ③電気系技術職 4.44倍 ④建築系技術職 4.16倍 が特に多く、以下、営業職 2.68倍、クリエイティブ職 2.21倍などとなっています。
上記はDODAの支援サービスを利用する企業が中心になっていますので、たとえばハローワークの求人を洗い出せば、福祉業界なども上位に上がって来るはずです。

実際に今、転職を考えている人の中で、上記の業界や職種を見た結果、「よし!チャンスだ!」と感じられる人はどのくらいいるでしょうか。
ちなみに「事務・アシスタント系職種」の求人は、0.25倍です。つまり4人に1つの求人ということですね。

採用側と応募者側のニーズが大きくズレている転職市場

転職の落とし穴は、採用側と応募者側のニーズが大きくズレている点にあります。
日本に限らず先進国の傾向として、今求められているのはIT系の技術者とその周辺の職種です。メカニック系の技術も根強く求人があります。
一方事務系は、常に低倍率になっています。
医療事務や経理事務などの専門事務職になれば、かなり倍率が上がりますが、特に医療事務では正社員ではなく、契約や派遣という形が多いようです。

自分に出来る仕事と、企業が求める技術や知識がマッチするか。
自分が求める働き方や労働条件と、企業が提示するそれがマッチするか。
転職先を探すときは、求人情報を見ながら、この2点を調べましょう。
特に転職用の求人では、企業側は「即戦力」を求めるので、学生や若者のように、「今はまだ出来ないが、教えて下さい!」という考え方は通用しません。
「出来るか、出来ないか」「何が出来るのか」が単刀直入に問われます。

転職を考える人は、今いる職場で身につけられる知識と技術をすべて学び取って、自分のものにしましょう。
「私の職場では学べることなど何も無い」という人も多いですが、どんな職場にも必ず学びの材料があります。
それを見つけるような仕事の仕方を考えて、自分の仕事能力の幅を広げましょう。
それが、転職市場における自分の価値を高めることにつながります。

このコラムを書いた専門家に質問できます

安藤 ゆかりさん
研修講師・キャリアコンサルタント

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ