JIJICO

大竹 光明さん

社会保険労務士

インターンシップで学生囲い込み? 就活前のめりの実態について

2017年7月1日

インターンシップが本格化

7月に入ると、大学3年生を対象とした企業のインターンシップが本格化します。
インターンシップとは、学生が一定期間企業で働いて職業経験を積むことです。
企業の中に入ってみることで、実際に働くイメージを持つことができますし、その業種にはどんな知識・技術が必要なのかが分かります。

企業のホームページやパンフレットだけでは分からない“リアル”を体験できるので、就職を控えた学生にとっては貴重な制度と言えるでしょう。

様々なインターンシップ

一言にインターンシップといっても、様々な形式のものがあります。期間も1日だけのものから数か月に渡るもの、セミナー型や見学型のものなど、企業も工夫を凝らしたインターンシップ制度を展開しています。
とりあえずどんな会社か知りたいという学生には、短期のものやセミナー型などが気軽に参加できます。
本格的な経験を積むためには、ある程度長い期間で、実際に仕事が体験できるインターンシップの方が良いでしょう。

学生囲い込みの様相も

しかし、少子高齢化による人材不足のため、近頃の学生向けのインターンシップは『学生囲い込み』の様相も呈してきているようです。
企業がインターンシップを実施する目的は、早い段階から学生と接点を持ち、自社に合いそうな人材に目星を付けてアピールするためです。
経団連が発表した2019年卒業見込みの学生に対する就職活動解禁日は、選考活動が来年2018年6月1日からとなっています。
大学3年生向けのインターンシップは実質今年の6月からスタートしているので、企業としては約1年前倒しで学生とコンタクトを取ることができる形になります。

インターンシップは内定につながりやすい

先述のとおり、企業もインターンシップは採用を念頭に実施しています。
インターンシップに参加することで学生にとっては経験を積むだけでなく、自分をアピールできる場を確保することになるのです。
特に、内定に繋がりやすいと言われているインターンシップでは、エントリー段階から就職活動本番並みに書類選考や面接選考が実施されています。
人気大手企業ではインターンシップ募集に対して高い競争率になるところもあるようです。
ここまでくると、就職活動が1年前のめりで実施されているといっても過言ではありません。

昨今の学生の安定志向により、大手企業に学生の人気が集中するため、インターンシップに訪れた優秀な人材を先に大手企業が青田買いしてしまう可能性が高くなります。
インターンシップから内定への流れが加速すれば、中小企業の新卒採用はますます厳しいものになるかもしれません。

チャレンジ可能期間増加と学業圧迫の懸念と

学生にしてみれば、就職活動ができる期間が増えたとも言えます。
インターンシップに応募して内定をもらう、就職活動本番で内定をもらうといったように、チャレンジできる機会が増えたと考えて、積極的に制度を利用してみるのもいいでしょう。
ただ、就活が実質前のめりになることで、学生の本分である学業が疎かになったりしないようにと願わざるを得ません。
インターンシップは、イコール就職活動ではありません。
「職業経験」という本来の意味を忘れず、自分に合う職業を選択するツールとして活用してください。

このコラムを書いた専門家に質問できます

大竹 光明さん
社会保険労務士

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ