JIJICO

小田原 漂情さん

塾教師、歌人・小説家

大学受験激変!思考力・判断力・表現力を身につけるには?

2017年7月8日

子どもたちに求められる学力が大きく様変わり

現在の「大学入試センター試験」に代わり、2020年度から、「大学入学共通テスト(仮称)」が導入され、大学入試の形が大きく変わることについては、ほとんどの方がご存じだと思います。また同じ年度から、小学校の新学習指導要領も全面実施され、これからの子どもたちが求められる「学力」は、大きく様変わりしていくこととなります。

その際のキーワードの一つとして、「思考力・判断力・表現力」が挙げられます。これは現行の指導要領でもうたわれている概念ですが、今後はこの力が、より積極的に求められることとなるようです。またさらに「学びに向かう力、人間性等」が、柱の一つとされています。

大学入学共通テスト「モデル問題例」

では、なぜこうした学力が求められるのか、先ごろ公表された「大学入学共通テスト」のモデル問題例(国語)に基づいて、お話しします。

「モデル問題例1」は、架空の「城見市」が作成した「城見市『街並み保存地区』景観保護ガイドラインのあらまし」を読み取り、それに関する「父」と「姉」(主体である『かおるさん』の父と姉)の会話文を読んで、4問の記述をする、という内容です。うち問4は、父と姉の会話を聞いて、「かおるさん」が姉の意見に賛成・補足したと考えられる内容を述べよ、という設問です。

このような問題を解くのに必要な学力とは?

さて、こうした問題に挑むために必要な「力」とは、何でしょう。「ガイドライン」と会話文の中から、必要な材料を見つけ出し、類推し取捨選択した上で、記述をしなければなりません。必要な材料を正確に見出すためには読解力、その段階と類推・選択の過程で「思考力」と「判断力」、そして記述のために「表現力」が、求められます。

この問題に向かう時、従来の「問題集」を解くように、「正解を見つける訓練」、文章の「要約をする練習」だけでは、おそらく難しいものがあるでしょう。常日頃から、問題意識をもって物事をとらえ、それについて自ら思考し、表現をすることが必要なのです。

思考力・判断力・表現力を養う方法

ではどうすれば、「思考力」・「判断力」・「表現力」を身につけ、主体的に学ぶ力を養っていけるかということが、重要です。そのために学校や塾・予備校、各種の教育現場で、さまざまな試みが試行、実践されています。私は国語教育の専門家ですから、その立場から申し上げますと、やはり答えは「国語にある」という一語に尽きます。

具体的には、さまざまな文章を読み、「正解を探す」のではなく、「自分の考えを練り、文章として書き上げる」ことが、こうした力を養う有効な方法であると言えます。また、「モデル問題例」のようなサンプルが出てくると、よく「文学的文章は必要ない」という声が上がります。しかし先ほども述べたように、解答として書くべきは、「かおるさんが言ったであろう内容」という、直接には書かれていないことがらです。

「かおるさん」は、自分が考えたこと、すなわち最初は「思ったこと」を、類推・選択し、練り上げまとめた上で、「表現した」はずです。ここで大切なのは、対象が何であれ、人はまず「心」で物事をとらえた上で、「頭」で考えていく、というプロセスを経ることです。

ですから、文学的文章であるか否かは、ことの本質に関係ありません。むしろ文学的文章で「心を動かす」学習を重ね、思考、判断、そして表現のプロセスを経験することが、必要な力を養い、伸ばすことにつながります。幅広く良い文章を読み、考え、そして書くことで、「思考力」・「判断力」・「表現力」ははぐくまれ、伸びていくのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ