JIJICO

家田佳代子さん

コンサルタント

「働き方改革」何から始める?実現に向けてのポイントとは

2017年7月10日

働き方改革の全体像とは?

まず「働き方改革」の意義は大きく2つに大別されるということを抑えておきましょう。

一つ目は主に男性の意識・行動改革であり、次のような取り組みがなされています。
・長時間労働の是正
・人事評価制度の見直しなど経営者管理職の意識改革
・出産直後からの男性の育休取得の促進

二つ目はワークライフバランスと女性の活躍の推進であり、次のような取り組みがなされています。
・ワークライフバランスに向けた環境整備
・女性の活躍推進

昨今よく耳にするワークスタイル変革を実現していくためのツールとして、在宅勤務・テレワークはあらためて見直されています。

働き方改革としてこれまで、プレミアムフライデー、36協定の見直し、労働基準関係法令違反に係る公表事案の公開、イクメン・イクボスなどの施策が行われていました。とはいえ、これらをうまく取り入れて働き方改革を進めている企業はまだまだ少ないというのが現状です。少子化対策・総労働力の確保、女性の活躍を促進するためのものとして、働き方改革は今後ますます各企業に求められていくと考えて良いでしょう。

目的を定める

全体像を理解したところでまず取り組むのが働き方改革の目的の設定です。働き方改革の実施にあたっては、経営TOPが自ら中心となって積極的に進め、トップダウンで宣言してもらうのが望ましいですが、なかなかそういったことも難しい企業が多いと考えられます。ボトムアップで働き方改革を進めるためのコツは、目的を経営TOPにしっかりと理解し、協力を得ることです。

一般的に従業員へはワークライフバランスの実現や生産性の向上、継続雇用などを目的とすることが多いのですが、経営TOPには組織力の向上、競争優位性の獲得、イノベーションの創出と変換して説明し、納得してもらうのが肝心です。

もう1つ必要なのが働き方改革で投資をしたコストは実施後に回収し、結果的に企業にメリットがある事をきちんと伝えることです。TOPが目的を決定したところで、全従業員に対して宣言すれば後がとてもやりやすくなります。

関係各所を参加させる

目的が定められたら最初に行うのは関係する部署・メンバーを集め、働き方改革・社内施策実現のためのコンソーシアムを組むことです。これは途中で「うちの部署は話を聞いていない」というトラブルを防止し、途中でとん挫しないために必要な手段だと言えます。

コンソーシアムのメンバーは総務(規定・規則の改定)・人事(人事評価制度の見直し)・システム部門(システムの導入)・経営陣および管理職(経営者管理職の意識改革)・労働組合・ダイバーシティ推進室・女性活躍推進室などです。働き方改革というと総務の方が中心となることが多いのですが、総務が主導権を取っていった企業は規定の改定がスムーズに進み、成功していることが多いです。

手段・解決策を考える

目的が決まり、コンソーシアムが出来れば何から始めるかを考える準備が整います。

・長時間労働の是正
・人事評価制度の見直しなど経営者管理職の意識改革
・出産直後からの男性の育休取得の促進
・ワークライフバランスに向けた環境整備
・女性の活躍推進

上記のどれから手を付けたとしても、働き方改革は巡り巡って他の項目もカバー出来ていることが多いのです。例えば、長時間労働の是正から始めたとして、是正実現のためのフレックスタイム制の導入、裁量労働制の導入などを行った場合でも、経営者管理職の意識改革や人事評価制度の見直し、女性の活躍促進と複数の項目が達成できそうです。

また、女性の活躍を推進させようとするとテレワークの導入が選択肢に上がり、ワークライフバランスが実現し、男性が育児に参加できるようになり、女性の活躍の推進にも男性の育児休暇取得にも繋がる可能性が増すという具合です。

では最近増えてきた本社移転を機に働き方改革をする場合はどうでしょう。会議室の集約や「見える化」による「会議室が取れないから会議ができない」という非生産的な無駄がなくなり、Web会議などの導入により移動時間の削減、フリーアドレス制を導入にあたりテレワークを導入し、イノベーションを生みやすい経営体質に変わります。結果として、長時間労働が削減され生産性も上がり、投資を回収できるようになってきます。

移転までいかなくても、紙の電子化、袖机の撤廃、フリーアドレス制の導入、テレワークの導入などによって最終的に長時間労働の是正、ワークライフバランスの実現、人事評価制度の見直しなど働き方改革が出来ているという事に繋がります。

このように何から始めるかは企業によりさまざまで、「今何が会社にとって必要なのか」から導くことが重要です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

家田佳代子さん
コンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ