JIJICO

佐藤 健陽さん

心理カウンセラー

あがり症の方必見!あがり症のメカニズムを知り克服する方法

2017年7月11日

あがり症の人にとって人前で話すことは恐怖

海外の調査では、あがり症の人が人口の3%~13%というデータがあります。ざっくり言うと10人に1人です。私の感覚では学校の一クラスに2人ぐらいいる、そんなイメージです。しかし、私たちは日常であがり症の方を目にすることはそんなには多くありません。なぜなら、あがり症の方は、それがバレないようにとひっそりと身を潜めているからです。あがり症であることがバレるということは本人にとって危険を意味します。自分が否定される、あるいは自分の価値が脅かされると感じるからです。

しかし、社会で生きていく以上身を潜め続けることはできません。人前で話す機会は避けられません。自己紹介、朝礼、会議、発表、打ち合わせ、等々、あらゆる場面において人前で話す機会があります。あがり症の人にとってはそれらの場面でただならぬ恐怖を感じるのです。人生の危機というぐらいに感じる人もいます。

では、あがり症の人はそれらに対してどう接していけばいいのでしょうか?

あがらないように準備しても上手くいかないことが多い

あがり症の人は、人前で話す本番の何日も前から悩みます。あがらないように、緊張しないように、震えないようにと様々のことを考えます。十分に備えようとします。ある人は原稿を一言一句用意したり、ある人は深呼吸や呼吸法を、ある人は話し方や発声法を試してみます。

しかし悲しいかな、その準備で上手くいくことはまずほとんどありません。かえってうまくいかないことがしばしばです。それはなぜなのでしょうか?

あがり症の人は、あがらないように緊張しないようにと緊張や不安に意識を集中し、注目します。注目を集めた緊張と不安はかえって明確になり、より症状を強めます。寝られない時に時計の音を気にすると益々気になるようなものです。それは、湧き上がる緊張と不安をなんとか抑えよう、なんとか軽くしようと、あたかも火を水で消すかのようにエネルギーを注いだのが、よくよく見たらそれは水ではなくて油だったといったようなものです。

かえって症状を悪化させていたのです。良かれと思って行動していたことがかえって自分を苦しめていたのです。

あがらないためにすべき行動

ではどうすればいいのでしょうか?ここでは大きく3点あげます。

一つはあがっているという症状に対しては一切取り組まないこと。私のセミナーではあがり症の皆さんに問います。これまであがらないようにとやってきたことで何かうまくいったことはありますか?と。

ほとんどの場合シーンとなります。誰しもが何をやってもうまくいかなかったからこそあがり症が維持されているのです。

そこで、症状はあってもなくても、緊張しても緊張しなくても、それはほっておいて、今目の前のことに取り組む、目の前のことに集中していくようにとお伝えします。頭の中であれやこれや考えても決してうまくいきません。それはあがらないようにあがらないようにと考えることが、結果として、あがることばかり考えてしまっているからです。

それよりむしろ、予見なく現実生活に飛び込むことこそが大事なのです。そうして思考中心から行動中心へと変えていくことで症状のことを忘れる瞬間が増えてくるのです。

そして二つ目は感情との戦いを止めることです。湧き上がる緊張と不安を何とかしようと挑み続けたあがり症の方は百戦百敗の猛者です。勝ち目のない戦いを挑んでしっぺ返しを食らい続けてきたのです。

感情と不安は否定したり蓋をしたりするのではなく、しっかり感じきることで流れていくのです。だから、今後不安と緊張を感じたときは、抗うことなくただただ、じっと感じきってみてください。湧き上がる感情を客観的に見つめ続けてみてください。何か気づくことがあるでしょう。

最後に、味方探しです。
あがり症の方は自分の価値が試される場面を最も恐れます。あたかも敵国の中にいるかの様に振る舞います。そうして他者の中に敵である証拠を見つけるのです。

あぁ、やはり自分は否定されている、自分は軽蔑されたに違いないと。

このように感じてしまいがちな人に必要なことは味方探しです。自分が失敗してもあがっても否定されない、大丈夫と思える環境にいられた時、たとえあがったとしてもそれに対して過剰なまでの自己否定をすることなく他者の視線に怯えることなくいられるのです。

あがり症の克服とはあがらなくなることではありません。たとえあがったとしてもそれに良し悪しを付けずにあがりが流れる様になっていく、それが真のあがり症の克服なのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

佐藤 健陽さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ