JIJICO

青柳 雅也さん

心理カウンセラー

豊田真由子議員怒りで全てを台無しに 怒りの感情をコントロールするには?

2017年7月14日

華々しいキャリアから奈落の底へ…

最近ニュースを賑わせている豊田真由子衆議院議員の暴言に驚いた人も多いことでしょう。自動車を運転していた秘書に、暴言を浴びせ、暴行を加えたことなどが報じられています。しかも、最近では色々なパターンの暴言が公開されています。東大法学部卒、厚生労働省の官僚という華々しい経歴を持つ彼女ですが、テレビに映る姿やイメージからは想像がつかないほどのギャップに多くの人は驚きます。

感情を抑えられなかったことによって、彼女の華々しい経歴は水の泡となり、今やワイドショーのネタの如く扱われてしまっています。なぜ彼女はここまで怒りを走らせ、あのような暴言を吐くまでに至ったのでしょうか?あのようなモラハラ的、パワハラ的な発言の陰にあるものから、何が考察できるのでしょうか?

相手との向き合いを上下関係だけにおくと人間関係はうまくいかなくなる

彼女がこれだけのキャリアを築くまでに、相当な天才出ない限りは、様々な「競争」を経験してきたことだと思います。彼女に限ったことではなく、世の中には「競争」が溢れています。勿論、それによって技術が革新したりして、人の暮らしが豊かになることもあるでしょう。

しかし、人間関係の軸に「競争」があり、何かしらの判断基準で勝者と敗者がいる限りは、人間関係がうまくいくことはありません。これは誰にでも起こり得ることです。

計るものによって、私はあの人の上だという優越感を感じ、私はあの人の下だという劣等感を感じていると、他者は「敵」になってしまいます。そうすると、”その人の見ている世界”はとても張り詰めたものになります。

きっと、豊田真由子議員のようなタイプの人に対しては、周囲の人からすると、「この人は何でこんなことでここまで怒っているんだろう…。」と思うことが多いでしょう。人間関係は縦よりも横のほうがうまくいくのです。

怒りを使って周囲をコントロール

感情に突き動かされ、人間は感情には勝てないと思いますか?そう思っている限りはそうでしょう。しかし、それは違います。人間が感情を使っているのです。

きっと豊田真由子議員も、激怒しているときに有力者から電話がかかってきたら、声のトーンは穏やかに戻すことができると思います。母親が子供に怒っているときに、電話がかかってくるとトーンが戻るのを思い浮かべるとわかりやすいですよね。

人は経験したことで、本人にとってうまくいった経験があれば、同じ手段を無意識的に選んで使います。泣いてコントロールしたり、怒ってコントロールしたりする人っていますよね。表現手段のクセなのです。

また、これは豊田真由子議員には当てはまらないと思いますが、語彙力や文章組み立て能力が低い人ほど、言葉で表現しきれずに「キレ」やすくなります。

人として豊かとはどういうことかを今一度考えてみましょう

政治家や権力者の驚くべき失態を見て、これは仕方ないと思うよりも、「えー!」と驚くことも多いでしょう。これは、世の中の価値基準の問題であり、教育の問題の表れではないでしょうか。

・点数が採れること
・年収が多いこと
・学歴や経歴が有名どころであること

こういった測りやすいことで、人間の優劣が決まるのなら、やがて人間はマシン(機械)にとって代わられ、マシンに近い人が優秀とされるでしょう。豊田真由子議員に「慈愛」の心や「感謝」の気持ちがあったのなら今回のことは起きなかったと思います。人間にあって、マシンに無いものは「心」なのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

青柳 雅也さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ