JIJICO

つだ つよし。さん

心理カウンセラー

イクメンの子どもは肥満になりにくいという研究結果が意味するもの

2017年7月16日

解決!アスクミー JIJICO

イクメンの子どもは肥満になりにくい!?

小児肥満が問題になっている米国で、ジョンズ・ホプキンス公衆衛生大学のチームが、「イクメン」に育てられた子どもほど肥満になりにくいという研究を纏めたそうです。
ちなみに、うちの中2になる長男はきちんと父の後を継ぎ、丸まると太りあがってくれております。という事は、私は「イクメン」ではない。という事になります…。

つだ家の事はさておき、主な理由としては 父親が子どもを散歩や遊びに連れ出したり、入浴や着替えを手伝って一緒に体を動かしたりすることが、子どもの健康に非常にいい影響を与えているようだと言っています。

子どもの成長や健康に関心を持つことが重要

またこの研究の信憑性は分かりませんが、要はイクメンと言うより父親が我が子の成長・健康にどれほど関心があるか?だと私は思います。

・子どもと外で遊んだりする事で、子どもの成長を感じるだけではなく把握する。
・子どもの食生活(食事やおやつ等)に関心を持つ事で、自然と栄養管理(制限)を行うことになる。
・子どもとお風呂に入る事で、自然に子どものスタイルの変化を確認できる。

など、母親的視点と父親的視点のダブルで、日々の子ども達の成長・変化に関心を持ち、日々管理や指導をしていく事が、子どもの健康に繋がり、それが結果的に肥満の低下にも繋がっていくのだと思います。これは、子どもが幼い時にはとても重要だと私も思います。

子どもが成長しても愛情を伝え続けることが大切

その後、年令が上がって行く時にイクメンとしてやるべき事は子どもに愛情がきちんと伝わっているか?だと 思います。

大好きな母親と父親から愛情を貰い「自分は愛されている」と感じている子どもは、必ず「自分を大切に」し、心身共に安定していきます。そうなると、おやつのセーブも野菜を食べろという指示も、「大切に思ってくれているから」と素直に守る事も多くなり、自主的に食べ過ぎを押さえたりと、健全育成を自分自身で行っていきます。

真のイクメンとは、食器洗いや洗濯の家事を手伝うから良い、PTAに参加するから良い、子どもと一緒に寝るから良い、単にこういった事ではなく、時間が無くても、子どもにきちんと「俺はお前を愛している!」を伝えられる父親の事をさすのでは無いでしょうか?

そうすれば必ず子どもは、自分を大切にしていき、健康・肥満だけでなく、学業やスポーツも 自分で向上させていってくれる!と…忙しく一般的なイクメンとはほど遠い私は信じています。

それと、丸まる太りあげた長男を愛していない訳ではありませんよ。「糖尿病にならない程度に美味しい物をお腹いっぱい食べながら人生を楽しみたい」という彼の今の夢を父親として精一杯応援しています。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

つだ つよし。さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「快適な暮らし」のその他の記事

2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月15日 今村 浩二さん
ファイナンシャルプランナー
資産運用で注目!「iDeCo(イデコ)」のメリットと注意点
節税しながら資産運用できると注目の「iDeCo(イデコ)」。2017年に改正されより多くの方が使えるようになり、FP相談の場でもお客様の関心が高い制度です。「どんな仕組みなのか?」「利用する際の注意点は?」知っておきたいポイントをお伝えします。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。

テーマ