JIJICO

松本 孝一さん

介護事業コンサルタント

75歳以上の老々介護が3割超え!ますます深刻になる老々介護の実態

2017年7月16日

高齢者が高齢者を介護する「老々介護」が深刻な状況に・・・

高齢化が急速に進む中、介護する人とされる人が同居するいわゆる「在宅介護」のうち介護をする側と受ける側がいずれも75歳以上の「老々介護」の世帯が、平成28年に過去最高の30.2%となり、初めて3割を超えたことが厚生労働省の国民生活基礎調査で分かりました。

また、65歳以上同士の老々介護も54.7%と過去最高となり、前回の調査の平成25年当時から、3.5ポイント上昇しているようです。このような状況を踏まえ、厚生労働省では「高齢化と核家族化で今後も老々介護は、増えていくと見られ、支援していく必要がある」としています。

介護が必要となる主原因が「脳卒中」から「認知症」に

これまで介護が必要となった主な原因は脳卒中だったのですが、今回の調査で原因として最も多かったのが「認知症」となりました。次いで脳卒中などの脳血管疾患、高齢による衰弱が続きました。

今回の調査で「認知症」が最も多くなったこともあり、ますます、「認知症高齢者」に対する対策が急がれることになりました。なぜなら、認知症高齢者を介護する「老々介護」の現場では、かなり深刻な状況が見受けられるからです。

介護される認知症高齢者の様々な症状に対して、介護する側の高齢者が対応できることには限界があります。訪問ヘルパー等の支援を利用できますが、時間的な制約があり、それ以外の時間での介護負担が大きいのです。しかし、施設などの入所となると金銭的な負担が大きいことや希望する施設への入居が難しいなど、もはや家族や親族だけでは解決できない状況が続いています。

老々介護の支援は、介護保険制度で必要なサービス提供を

「老々介護」で最大の問題は、介護者による介護の限界で共倒れになってしまうことです。これまでの介護は、健康な家族が高齢者の介護を担うことが多かったのですが、最近は、高齢化が進み、介護が必要な高齢者同士で支え合う状況が進んでいます。

今後、ますます高齢化や核家族化が進むことが予測されるのですから、「老々介護」はますます増加することになります。そのような中で、「老々介護」支援していくためには、介護の必要となる方の状況に応じ効果的な介護保険サービスを活用することや介護する方に対する定期的なケアができる仕組み作りが必要となります。

そのためにも地域における仕組み作りである「地域包括ケアシステム」の構築が急がれるのです。医療・介護・住まい・地域が連携して、「老々介護」を一家族の問題とするのではなく、地域で支え合う仕組みとして、位置付けることが望まれます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

松本 孝一さん
介護事業コンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ