JIJICO

片島 由賀さん

弁護士

離婚時に決めた親権者の変更はどのような場合に認められるか?

2017年8月6日

解決!アスクミー JIJICO

親権者の変更はどのような場合に認められるか?

離婚する夫婦に未成年の子どもがいる場合、法律上、親権者を決めることが定められていて、離婚届に記入しないと役所で受理してもらえません。それでは離婚をした後に、離婚時に決めた親権者を変更することはできるのでしょうか?

協議離婚の場合には、子どもの親権者を話し合いで決めることができますが、一度離婚のときに親権者を決めると、その後は両親の話し合いだけで変更できず、必ず家庭裁判所での調停・(場合により)裁判官が判断する審判による必要があります。

民法では「子の利益のため必要があるとき認めるとき」は家庭裁判所が親権者を変更できるという規定がありますので、親権者を変更することが子どもの利益になるか・必要かどうかという観点から判断されることになります。

親権者変更の判断にあたっては、すでに親権者となっている者がいるので、「親権者を指定してから事情が変わったという経緯が必要」という見解と、「これまでの子どもの監護実績をみて、父母双方の事情を比較して考える」という見解とがあります。実務的には親権者を決めるときと同様、父母双方の事情を比較して考えていく後者の立場で考えるものが増えてきているようです。

親権者の変更は簡単ではない

具体的には現在の親権者が病気になり、子どもをみられなくなってしまった、あるいは消息不明になった、犯罪に手を染め長期間身柄拘束されるようになった、など「親権者として果たすべきことができなくなった」という場合には比較的、親権者変更が認められやすいでしょう。

しかし、それ以外の場合には、実際のところは親権をとった親が子どもをないがしろにしていて子どもをみられる状態ではない(育児放棄)、あるいは虐待しているといった、今の親権者の監護状況にかなり問題がある場合でないと難しいのが実情です。

つまり、離婚のときに親権者を一方に決めてしまうと簡単に変更が認められないのが現状ですので、離婚時に子どもの親権者がどちらになるかという点は、よく慎重に考えて決めることが大切でしょう。

面会交流や再婚が絡み親権者変更を求めるケースが増加傾向に

また、最近割と相談があるケースとしては、離婚のときに子どもの親権者を相手方にしたが、その相手方が再婚をし、子どもの監護状況に不安があるので親権者変更ができないかという場合です。

この場合も裁判所の実務では単に再婚により子どもの養育環境が変わる可能性がある、という抽象的な不安だけでは足りず、再婚により親権者である親が子どもをみなくなった・あるいは虐待をするようになったなどの具体的な事情が必要になってきます。

そうなると、相手方が再婚後もある程度は子どもと会うようにすることで、再婚後の家庭環境の変化がないかどうか、子どもに目を配っておくことも必要になってくるでしょう。

さらに、最近は離婚後、相手方のところにいる子どもと会ったり何らかの形で連絡をとること(面会交流といいます)にまつわるトラブルが増えていることも影響してか、子どもと面会交流ができないことを理由に親権者変更を求めるというケースもあります。

実際に、離婚後面会交流の調停もして、それでも子どもと会わせていないことを理由に親権者変更が認められたという裁判例もあります。

ただ、このケースでは子どもの監護状況については変更せず(子どもの監護権は離婚のときの親権者のままで)、親権者のみ他方の親に変更したという特殊なものです。子どもを見ているのは会わせようとしない側の親であることには変わらないため、親権者だけを変更したところで面会交流が具体的に実現できるのかという疑問も残るところです。

今後こういった面会交流や再婚がからんだケースで親権者変更が問題になる事例が増えでくると思います。今後の動きに注目しましょう。

専門家に相談してみよう!

片島 由賀さん
弁護士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ