JIJICO

加藤 哲也さん

塾講師、大学受験ストラテジスト

大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?

2017年8月19日

解決!アスクミー JIJICO

奨学金給付条件大幅緩和が進学率をさらに高めることに

文部科学省の発表で今年の大学進学率は52.6%と過去最高とのことです。その背景には、景気回復が要因として挙げられています。

確かに、景気の回復によって、大学進学に関わる費用を負担できる世帯が増えていることも、大学進学率上昇の一要因でしょう。大学進学には、大きな出費が伴うことは周知のことでしょう。まして、遠方の大学へ通うために一人暮らしを始めたり、私立大学への進学を決めたりすると、さらに大きな出費が伴うことになります。

しかし、昨年から、学生支援機構による、第一種奨学金(無利子貸与型奨学金)の給付条件が大きく緩和されたため、奨学金を借りれば、学費の高い私立大学でも通わせても良いだろうと考える世帯が増加しているのが実情ではないでしょうか。

事実、昨年度の学生支援機構第一種奨学金(無利子貸与型奨学金)への申請者が急増しています。そのため、緩和された要件を満たしているにも関わらず、国の予算不足を原因として、約24,000人が給付を認められませんでした。このような、奨学金の給付希望者の殺到は、大きな借金をするリスクを負ってでも、大学への進学を希望する傾向の表れだと言えます。

さらに、2018年からは、返済義務のない「給付型奨学金」の実施も決まっています。昨今の大学進学率の増加傾向に、拍車をかけることになるのではないでしょうか。では、今年度の大学選びは、どのように考えていけば良いのでしょうか。

進学動機を明確に持ち、行きたい大学を決めておくことが重要

アナタ(アナタのお子様)にとっての大学進学の目的は何でしょうか。「進学を希望する大学でしか学べない専門的な学問・研究があるから」「医師・薬剤師・司法試験合格・教員免許・看護師など、資格を取りたいから」など、明確な目的持って大学選びができていますか。

大学進学を希望する高校3年生の中には「短大や専門学校ではなく、自分の成績で合格できそうな大学に、とりあえず進学する」、「推薦入試で内定が出たので、とりあえず大学には行く」という、消極的な理由で大学進学を決める生徒がいます。私見ですが、大学進学率を押し上げているのは、これらのような、受験競争がほぼない大学への進学者が増えているのも一因かもしれません。

現在の大学入試では、受験者が殺到する人気の大学と、大学側が積極的に生徒を獲得して、ほぼ無試験でも合格できる大学の二極化が進んでいます。大学進学率が増加する事は、自分の受験予定大学の入試倍率に直接的な影響が出る訳ではないと考えて良いです。むしろ、受験動向にはその他の要因が大きな影響を及ぼすものです。

「都心私大の定員増加制限」「新設学部の認可」など最新トレンドを注視

今年度に大学受験を控える受験生が、最も注視しておくべきことは「都心私大の定員増加制限」と「新設学部・学科の認可問題」です。

文部科学省から、来年度から、東京23区内にキャンパスを置く私立大学の定員増が認められないことが、発表されています。本年度は、直接の影響は無いはずですが、該当する大学は、受験倍率の増加が懸念されます。

また、新設学部の認可は大きな影響を及ぼすと留意しておくべきです。特に本年度は、獣医学部の新設が大きな話題になっています。獣医学部への進学希望者にとっては、どこの大学を受験する場合でも、獣医学部新設が認可されるか否かにかかわらず、大きな影響が出るだろうと懸念しています。

行きたい大学が決まっている受験生にとっては、自分の受験大学の直近の入試動向データを知っておくことはとても有用です。入学試験に向けたテスト対策も重要です。それと同じように、各大学のWebページや大学受験情報サイトから、過去の入試データを入手し、動向を正確に把握することも重要です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2018年7月17日 宮本 章太郎さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか
京都で私服高校が減少し、制服を導入する動きが強まっています。「制服がある方が統一感があっていい」との意見があるからだそうですが、その一方で起きるであろう問題点、LGBT(性的少数者)への配慮はできるのかを考えていきます。
2018年7月6日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
学校で女子生徒が妊娠・退学。法的に問題ないのか?
今年の文科省の調査によると、公立高校における妊娠実例のうち、32件で自主退学を勧めていたとのこと。このような対応は法的に問題がないのか。安易に退学を勧めるのではなく子供の将来を考慮した対応が重要です。
2018年7月1日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもの知的好奇心を伸ばしたい!知育は何から始めればいい?年齢別に解説
知育は、子どもの発育過程や年齢に合わせておこなうことで子どもの生きる力を養います。年齢によって与える知育玩具などを上手く変えていき、子どもの知的好奇心を伸ばしましょう。
2018年6月23日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
子どもの学力向上と家の間取りの関係 本当に大事なのは
昨今、リビング学習という言葉がよく聞かれるようになりました。リビング学習が可能な間取りは確かに学力向上にも結び付きますが、それ以上に大切なのは子どもが安心して心地よく勉強できる家であることです。

テーマ