JIJICO

栢原 義則さん

進学塾塾長

個人主義と協調性の板挟み 現代の指導者としてあるべき姿

2017年9月14日

解決!アスクミー JIJICO

現代の指導者たちが抱える板挟み

今の世の中には「個性をはぐくむ」とか「多様性の重視」という風潮があります。その一方で「和を重んじる」「他人に迷惑をかけない」といった日本の昔からの気質もなくなったわけではありません。現代の指導者は、個人主義をどこまで尊重するのか?他者との協調性をどこまで要求するのか?というような板挟み状態にあるという問題が提示されると思います。

少し前に世間を騒がせ賛否両論を巻き起こした日野皓正氏の「中学生往復ビンタ」事件についても、「コンサート中の短い持ち時間をみんなで回している中で、ひとりの生徒が30分近く演奏を続ける」という「和を乱す」行動をきっかけに起こった出来事でした。

この事件については、当事者間にしかわからないこともあり、関係者の間ではすでに問題が解決しているものと思いますので、本コラムではその善し悪しについて語ることはしません。ここで言及したいのは、私が育った昭和の時代であれば、今回の日野皓正氏の「中学生往復ビンタ」等は事件として取り上げられることはなかっただろうということです。

私たちが育った時代にも個人の尊重は認められていましたが、仮に「他者を意識せず、社会とのバランスを欠いた身勝手な行為」があったならば、個人主義の範疇からは逸脱した行為とされていました。しかし、現代は少し事情が違うようです。

個人主義の本来のあり方とは

今の日本ではどちらかというと個人の尊重が大きく取り上げられ、個人の権利が独り歩きしやすい状況にあります。大切なのは本来なら個人の権利を全うするうえで、「個人の義務」が裏打ちされるべきなのですが、個人の「わがまま」「身勝手」さえも個人主義としてまかり通っている感がないでしょうか。

「私がしたいのだから、他人にとやかく言われる筋合いはない」などと声高に主張する個人主義者さえ見受けられます。

もし、何らかの指導的立場にある人がこのような場面に遭遇したら、ほとんどの方が「個人主義」と「協調性」の間で悩まれることだと思います。

以前のように、当事者間や限られた範囲のなかで事が収まればいいのですが、現代はSNSの普及などにより、思わぬ第三者が介入し、思わぬ方向に拡散していき、「多様性」にみちた思わぬ意見の嵐にさらされる可能性があります。前後の関係性など無視した、ある場面だけが切り取られ、それに対する様々な意見が闊歩し、「あらぬ問題が起きる可能性が無きにしもあらず」という状況ともいえます。

しかし、ここで改めて「個人主義」の本来のあり方について考えてみるべきではないでしょうか。

「個人主義」のもともとの概念は、「自分個人の自由・尊厳を冒されたくない」そのためには「他人の自由・尊厳を認める」ことで成り立つものです。決して、個人の身勝手なわがままを認めているわけではありません。

「協調性」は「強制的な画一性」とは異なる概念です。穿った見方をすれば、「個人主義」と「協調性」は表裏一体であり、その時々のバランスのとり方・立ち位置で、あるときは「個人主義」が強調され、あるときは「協調性」が強調されるにすぎないのかもしれません。

指導者と指導される者とは「個人主義」的見地から見れば対等な関係であり、互いに認め合い信頼関係が築かれていれば、第三者の的外れな評論など気にすることではありません。指導者は、自分の信念に基づき、自分の責任で、その瞬間に自分が出来ることを、指導される者の為に全力で行う。それ以外の対処法などあるのでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

栢原 義則さん
進学塾塾長

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「快適な暮らし」のその他の記事

2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。
2018年9月21日 半田 望さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
PTAに加入しなければサービスはなし?PTAの法的性質から加入義務と役割を考える
ここ数年、インターネット上を中心に、PTAに加入すべきかどうかや加入しないことの不利益などが話題になっています。PTAという組織はどのような経緯で作られ、法的にどのように位置づけられるのか。加入を強制されることの是非や加入していないことを理由に不利益を受けるのか、ということを考えてみます。
2018年9月20日 小西 明美さん
結婚コンサルタント、仲人士
解決!アスクミー JIJICO
婚活・結婚の際に金銭感覚に違いがあったらどうすべき?すり合わせは可能?
婚活や結婚時に相手との金銭感覚にギャップを感じたら、今後の生活、将来を見据えて対処しましょう。話し合うタイミングを間違えずに、お互いを思いやる気持ちがあれば、金銭感覚のすり合わせは成功します。
2018年9月13日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
ブラックと言われないために…多様化する「職人」の労働時間管理を考える
時代の変化とともに、消費者に求められる「職人」の技術も多様化しています。時代に合わせた「職人」の働き方のしくみを作っていくことが大切です。

テーマ